税務知識記事一覧

消費税の基本的な仕組み

消費税の基本的な仕組み

インボイス制度開始まで1年を切った

消費税のインボイス制度開始は令和5年10月1日の予定です。

この「インボイス」とは、正確な適用税率や消費税額等を伝える書類のことで、インボイス制度が始まると、仕入先が免税事業者の場合、今まで認められていた「仕入税額控除」が認められなくなります。

免税事業者の方や経理にタッチしない方は「仕入税額控除?なんのことだ」と思われるかもしれません。

まずは消費税の基本的な仕組みを理解しましょう。

消費税の内訳

消費税は、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して広く課税される税で、消費者が負担し事業者が納付します。

標準税率10%、食品等の軽減税率は8%となっていますが、そのうちの22/78、標準税率で2.2%、軽減税率で1.76%分は「地方消費税」として扱われ、いったん国の出先機関である税務署に納付され、地方消費税部分は統計数値に基づき各都道府県に分配される仕組みです。

消費税の負担と納付の流れ

消費税は、生産、流通などの各取引段階で二重三重に税がかかることのないよう、税が累積しない仕組みになっています。

各取引にかかる消費税の例(標準税率)

製造業 売上50,000(+消費税5,000)
卸売業 仕入50,000(+消費税5,000)
売上70,000(+消費税7,000)
小売業 仕入70,000(+消費税7,000)
売上100,000(+消費税10,000)
消費者 100,000(+消費税10,000)

上記表の場合、消費者が負担した消費税10,000円を、小売業者は仕入と売上の差額分の3,000円、卸売業者は差額2,000円を、製造業者は5,000円を納付する仕組みになっています。

先に述べた通り、インボイス制度が始まると、免税事業者から仕入れている場合「仕入先に払った消費税」が、差し引けなくなります。

表で言うと、卸売業者が免税事業者だった場合、小売業者は10,000円消費税を納めることになるわけです。

インボイス制度関連記事

  1. インボイス不登録免税業者との取引での損失額
  2. 働き方が多様になりましたフリーランスと今後の税務
  3. インボイス制度って何?小規模事業者やフリーランスの人は絶対に知っておかなければならない!
  4. 免税会社の適格請求発行事業者登録のタイミング
  5. 制度開始目前のインボイス登録
注目記事 最新記事
  1. 税金がなかったらどんなデメリットがある?税金は所得に関係なくサービスを受けられる唯一の制度
  2. 勤労学生控除とは何か?学生であれば全員適用できるわけではない!?
  3. 5年? 7年? 10年? 帳簿・領収書等の保存期間
  4. 青色申告と白色申告、どっちで確定申告するのが良い?メリットやデメリットについて徹底解説!
  5. 海外在住で日本企業にリモート勤務の所得税と社会保険
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP