税務知識記事一覧

なぜ求人募集を出しても採用できないのか

なぜ求人募集を出しても採用できないのか

採用活動が増加

新型コロナの収束も見え、採用活動が活発になってきました。

しかし求人を出しても採用できないという話や、昔は採用できたのにということをよく聞きます。

今と昔、何が変わって、どうすれば採用ができるのかを考察します。

一番の要因はこどもの数が減ったこと

どのぐらい減ったのか見てみましょう。

成人になった人数と生まれた赤ちゃんの人数を見れば簡易的にわかります。

  • 2002年の成人………152万人
  • 2022年の成人………120万人
  • 2021年に生まれた赤ちゃん………81万人

ここから見えてくるのは20年で30万人~40万人、労働市場に入ってくる人口が減っていることがわかります。

少なくなっている中で人材を取り合うのですから昔より採用難度は高まっています。

成功する採用の根本とは

成功する採用はたった2要素で決まります。「見られる場所に掲載して」「応募される募集を出す」、この2要素です。

「見られる場所に掲載」といっても意外にできていないことが多いのです。

単純にハローワークに出していませんか?ハローワークが良くないということではありません。

自分の求めている人材がハローワーク求人を見ているか考えることが重要です。

基本的には月間閲覧数が多いであろう媒体に出すことが応募期待値を高めます。

2つめの「応募される求人募集を出す」とは、「求職者目線に立っているか」が重要です。

単に給料と勤務時間と仕事内容を書いているだけになっていませんか?求職者が職を変えるときは今の職で満足していなくて変化を求めているときです。

その変化を自社なら実現できるよとアピールすることが必要です。

具体的には

  1. 会社の未来が描かれていること

    ⇒ないと変化が実現できるかわからない

  2. 具体的表現で書くこと

    ⇒抽象表現だとよくわからず離脱される

  3. 働く側のメリットを書く

    ⇒ないと何でわざわざ転職するの?となり離脱される

上記はお金をかけずにできることばかりです。採用を成功させてこそ企業の未来の成長になることでしょう。

インボイス制度関連記事

  1. 消費税の基本 簡易課税制度とは?
  2. インボイス制度 基本的な緩和措置等のまとめ
  3. 小規模事業者持続化補助金の枠の種類が増加しました
  4. インボイス発行権限への恐怖
  5. 自分は課税事業者? 免税事業者?
注目記事 最新記事
  1. 通勤手当を廃止して実費精算にした場合の給与計算
  2. 副業が事業所得となる基準
  3. 小規模企業共済等掛金控除とは何?どのようなものが対象となる?
  4. 生命保険料控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  5. 産後パパ育休と育児休業分割取得
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP