税務知識記事一覧

「副業・兼業支援補助金」の公募が公表されています!令和5年5月11日締切

「副業・兼業支援補助金」の公募が公表されています!令和5年5月11日締切

本補助金の概要

企業等が副業・兼業に人材を送り出すため、あるいは受け入れるために要する費用について、本事業を通じてその経費の一部を助成し費用負担を軽減することで、副業・兼業を促進し、企業間・産業間の労働移動の円滑化を図ることを目的としています。

2種類の類型があります。

類型A 副業・兼業送り出し型

補助率:2分の1以内
補助上限額:1事業者当たり100万円
補助対象経費:

  1. 専門家経費
  2. 研修費
  3. クラウドサービス利用料

補助事象の要件:自社の従業員が他の企業等での就業等を行うことを認めるための環境整備を行うものであって、以下のいずれの要件も満たすものであること

  1. 従業員の就業に関する社内ルール(就業規則等の社内ルールとして明文化されたものに限る。以下同じ)の改定を伴うものであること
  2. 社内ルールの改定によって、従業員の副業・兼業を認める範囲が広がることが見込まれること
  3. 改定後の社内ルールが、モデル就業規則の規定に準じたものよりも広範に従業員の副業・兼業を認めるものになると見込まれること
  4. 改定後の社内ルールについて、全ての従業員に周知することが見込まれること

類型B 副業・兼業受け入れ型

補助率:2分の1以内
補助上限額:副業・兼業の人材1人当たり50万円 1事業者当たり250万円(5人まで)
補助対象経費:

  1. 仲介サービス利用料
  2. 専門家経費
  3. 旅費
  4. クラウドサービス利用費

補助事象の要件:他の企業等において雇用契約又は業務委託契約に基づき就業している個人と新たに雇用契約又は業務委託契約を締結した上で、同契約に基づき、当該個人が当該他の企業等での就業を継続している状態のまま、自社の業務に就業させるものであって以下のいずれの要件も満たすものであること

  1. 自社の業務に就業させる期間が、少なくとも3か月以上であること
  2. 受け入れる人材が有するスキルや経験などを活用することが、受け入れ企業の経営課題の解決につながると見込まれること

インボイス制度関連記事

  1. BtoBでの免税事業者の消費税転嫁は保護されるのか
  2. インボイス制度 事業者公表サイトでひと騒動
  3. インボイス制度 免税事業者の選択と経過措置
  4. 免税事業者は少しだけ非課税大家さんより有利
  5. 消費税インボイス制度いよいよ始動
注目記事 最新記事
  1. 交際費と社内飲食費
  2. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  3. M&Aにおける失敗事例について
  4. 制度開始目前のインボイス登録
  5. 社会保険の「年収130万円の壁」注意点や例外
  1. 個人事業主が大学生の子どもに払うアルバイト代は小遣い扱い
  2. 令和6年5月送付分から納付書の送付対象見直し
  3. 事業再構築補助金 ~サプライチェーン強靱化枠~
  4. 事業再構築補助金 ~審査項目~
  5. 第12回公募開始 ~事業再構築補助金~

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP