税務知識記事一覧

マイナンバーカード情報が誤っていた時

マイナンバーカード情報が誤っていた時

マイナンバーカード情報が誤っていたら?

マイナンバーカードに紐づけされた情報の誤りが次々と見つかっています。

万一誤った情報が登録されていると気づいた場合の対処法はどのようにするのでしょうか。

健康保険証情報

この情報の誤りに気付いた時はフリーダイヤル(0120-95-0178。音声ガイダンスに従い「4-2」に進む)か、加入している医療保険の保険者に問い合わせます。

正しく登録されているかを確認する場合は、マイナポータルにログインし、「注目の情報」の「最新健康保険証の情報の確認」を押して「あなたの健康保険証情報」から、登録されている健康保険証情報を確認します。

公金受取口座情報

マイナポータルにログインし「注目の情報」の「公金受取口座の登録・変更」を押して「公金受取口座の登録状況ページ」にて、登録されている情報を確認します。

口座情報に誤りがある場合にはこのページから登録口座の削除を行います。

マイナポイントに関する情報

「マイナポイント」アプリ・サイトのトップ画面から「申込み状況を確認」を押すと、マイナポイント申請が正しく登録されているか確認できます。

申込みをした覚えがない、心当たりのない決済サービスが登録されていた場合は、上記フリーダイヤルで音声ガイダンスに従って「5」に進むか、申し込みをした自治体(手続支援窓口)に問い合わせます。

問い合わせの際は、上記サイト・アプリの「申込状況の確認」から「マイキーID」「申込日時」「決済サービス」「決済サービスID」の情報が必要になります。

マイナ保険証、会社の保険証はどうなる?

会社を通じて従業員に保険証は渡されますが、 マイナンバーカードを健康保険証として利用すれば、健康保険証の発送を待たずに利用できますし健保証はカードの中にあることになります。

会社として健康保険関連の入社・退社・扶養に関する手続は引き続き必要になります。

マイナンバーカードの健康保険証登録は本人が行うため、会社としての手続はありません。

現在登録をしていない方でもいずれは健保証を得るために登録が必要となるでしょう。

インボイス制度関連記事

  1. 期中で適格請求書発行事業者となる免税事業者の経理
  2. 免税事業者からの課税仕入れに係る控除対象外消費税額
  3. インボイス制度 免税事業者の選択と経過措置
  4. インボイス制度と独禁・下請・建設業法
  5. キャンセル料と消費税
注目記事 最新記事
  1. M&Aにおける失敗事例について
  2. 学生も社会保険に加入の義務あり?
  3. 通勤手当を廃止して実費精算にした場合の給与計算
  4. 個人の青色承認取消しと期限後申告
  5. 相続税法第58条の改正
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP