税務知識記事一覧

ストックオプションへの課税Q&A 最終改訂版が公表されました

ストックオプションへの課税Q&A 最終改訂版が公表されました

ストックオプションへの課税Q&A公表

2023年5月29日に国税庁と経済産業省によるストックオプション税制説明会が開催されました。

信託型ストックオプションについては行使時に給与課税として処理される旨が説明されましたが、その際に話題にあがった、税制適格ストックオプションの権利行使価額の設定に向けた株価算定方法についても、国税庁が公表したストックオプションに対する課税(Q&A)の中で、具体的にいくつかのパターン例をあげて詳しく説明されています。

今回の公表でより明確になったポイント

1つ目に純資産法による株価算定は原則前期末B/Sベースの純資産について算出するものとされました。

しかし、以下のケースでは利用不可で仮決算が必要と明記されました。

  • 付与契約日が直前期末から6か月を経過し、かつ、その日の純資産価額>直前期末の純資産価額の2倍の場合
  • 直前期末からストックオプション付与契約日までに株式発行している場合

2つ目に1円でのストックオプション発行が可能と明示されました。

スタートアップでは、会社全体の純資産が正でも、黒字化していても、ベンチャーキャピタルから優先株で資金調達をしている場合では、累積調達額を差し引いた純資産はマイナスになることが多く、国税庁が示す純資産法の計算によっては、行使価格1円の適格ストックオプションも設計可能になると思われていましたが、その理解で問題ないことが明記されました。

3つ目に過去に発行した税制適格ストックオプションの再利用について明示されました。

原則として、契約で定めた事項を変更した場合には税制適格ストックオプションに該当しないこととなります、としているものの、一定の条件のもと権利行使価額を引き下げる契約変更を認める旨が明示されています。

インボイス制度関連記事

  1. インボイス制度って何?小規模事業者やフリーランスの人は絶対に知っておかなければならない!
  2. インボイス発行権限への恐怖
  3. フリーランスのインボイス対応
  4. 民法上の組合 インボイス対応
  5. 消費税『課税事業者・免税事業者どっちが得』
注目記事 最新記事
  1. 副業が事業所得となる基準
  2. 海外在住で日本企業にリモート勤務の所得税と社会保険
  3. 生命保険料控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  4. 2割特例の適用に「不適用届出書」提出が必要な場合がある
  5. 中古住宅取得や増改築で贈与税が非課税になる方法
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP