税務ノウハウ記事一覧

“儲かっているはずなのになぜお金がないのか”の分析

“儲かっているはずなのになぜお金がないのか”の分析

儲かっているはずなのにお金がないの!?

A社は社長の代替わりを機に、店内の内装を一新し、在庫の品ぞろえも増やしました。

その結果、順調に売上件数や売上高も増え、新社長のBさんは、そこそこ儲かった感触で決算期末を終えました。

会計事務所に税金を計算してもらうと、予想通りに利益が出ていたようで、納税額も結構な金額が算出されました。

ところが税金を払う段になってみると、儲かったはずのお金は残っておらず、むしろ納税のために借入が必要な状況で、B社長は愕然としてしまいました。

なぜこんな事態となったのでしょうか?

会計上の利益とお金の実在は別のもの

税金計算のもととなる会社の会計上の利益は、売上などの収益から、売上原価や人件費その他の販売費および一般管理費などの経費を差し引いて計算されます。

経費にできる売上原価は、当期の売上に対応するもののみであり、まだ売れていない在庫の購入費は当期の経費とはなりません。

また、業務のために用いられる店舗の内装費や車両などの資産は、時の経過によりその価値が減るものとして経費の計上時期が複数年にわたりますので、代価として支払った金額のすべてが当期の費用となるわけではありません。

会社の利益は会計上のルールで計算されたものであるのに対して、お金の出(=在庫となっている品の仕入代金の支払、設備投資の支払など)が先行して、将来の経費に繰り延べされているものがあるため、A社は会計上の利益に比べ、儲けとして残っているはずのお金が足りなくなっていたのです。

お金が足りない理由を明確化する計算書

会計上の当期純利益とお金の流れの違いを説明してくれる書類があります。

間接法によるキャッシュフロー計算書と言われるものです。

損益計算書の値を減価償却費や在庫の増減等で調整することで、営業キャッシュフローを導き出すことができ、なぜお金が足りなくなっているのかの原因を分析することができます。

例えば、品ぞろえの幅を広げるために在庫を大きく持ってしまったことや内装の設備投資でお金の出が先行し、会計上の利益との乖離が出てしまったことがわかります。

逆に会計上の利益よりもお金が多く残っている場合もその原因がわかります。

作成してみることオススメの書類です。

インボイス制度関連記事

  1. 自分は課税事業者? 免税事業者?
  2. 消費税『課税事業者・免税事業者どっちが得』
  3. 法人設立期間中の損益 ~帰属先・注意点など~
  4. 免税駐車場事業者のインボイス対応
  5. 保険代理店や保険外交員とインボイス制度
注目記事 最新記事
  1. 交際費と社内飲食費
  2. 決算で現金が合わない場合はどのように処理をする?
  3. <号外>自由民主党「令和5年度税制改正大綱」を公表
  4. 大企業向け賃上げ促進税制のマルチステークホルダー経営宣言とは
  5. 令和5年度税制改正大綱『国際課税編』
  1. デジタルマネー 給与支払い解禁
  2. DX推進とは何をするのか
  3. 令和4年分確定申告 住宅ローン控除初年度にご用心
  4. 令和4年分確定申告書 第1表の主な変更点
  5. 休職時の社会保険料の労使負担は?

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP