税務知識記事一覧

労災認定基準の改正 カスタマーハラスメントの心理的負荷

労災認定基準の改正 カスタマーハラスメントの心理的負荷

労災の心理的負荷による認定基準とは

「心理的負荷による精神障害の認定基準」が改正され令和5年9月1日に通知されました。

精神障害・自殺事案については、これまで平成23年度策定の「心理的負荷による精神障害の認定基準について」に基づき労災認定が行われてきました。

この度の改正は近年の社会情勢の変化を考慮し最新の医学的知見を踏まえて「精神障害認定の基準に関する専門検討会」において検討を行い、報告書が取りまとめられました。

改正のポイント

  1. 「業務による心理的負荷評価表」(※)の見直しがなされました。

    具体的事例としては「顧客や取引先、施設利用者から著しい迷惑行為を受けた」いわゆるカスタマーハラスメントが追加されました。別の事例では「感染症の病気や事故の危険性が高い業務に従事した」を追加しました。
    心理的負荷が「強」「中」「弱」となる具体的例を拡充しパワーハラスメント6種類型のすべての具体例が明記されました。

  2. 精神障害の悪化の業務起因性が認められる範囲が見直されました。

    症状の悪化前おおむね6か月以内に「特別な出来事」がない場合でも「業務による強い心理的負荷」により悪化した時には悪化した部分について業務起因性を認める。

  3. 専門医3名の合議により決定していた事案について特に困難なものを除き1名の意見で決定できるように変更されました。

    令和2年にパワーハラスメントの出来事の追加がありましたが、今回はさらにカスタマーハラスメントの事例などが追加され、より認定基準の範囲が広がりました。
    企業はこのような事例を見て自社にも類似の出来事がないかを検討することがハラスメント予防となるでしょう。

(※)実際に発生した業務による出来事を同表に示す「具体的出来事」に当てはめて負荷(ストレス)の強さを判断する。

インボイス制度関連記事

  1. 消費税の基本 免税事業者とは?
  2. 免税事業者は少しだけ非課税大家さんより有利
  3. 通勤手当の税と社会保険
  4. 免税事業者が課税事業者となる訳
  5. インボイス制度 事業者公表サイトでひと騒動
注目記事 最新記事
  1. 配偶者控除と配偶者特別控除について徹底解説!
  2. 交際費と社内飲食費
  3. 制度開始目前のインボイス登録
  4. 法人税・所得税の税務調査統計
  5. 会社を廃業・清算する場合税金の支払はどうなる?法人税や消費税の支払いが必要!
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP