税務ノウハウ記事一覧

無担保で資金調達する方法について徹底解説

無担保で資金調達する方法について徹底解説

「資金調達したいけど担保に入れる物がない」
「無担保で資金調達する方法はあるの?」

このような不安や疑問を抱えている人は少なくありません。

結論から言いますと、銀行融資をはじめ無担保で資金調達する方法はあります。

いくつか資金調達方法がありますが、それぞれに特徴があるため理解した上でどの方法が一番合っているか判断する必要があります。

今回は無担保で資金調達する方法について解説します。

資金調達を無担保で行う方法

自動車ローンや教育ローンなどの消費性ローンと同様に、事業性資金も不動産等の担保を取らず、無担保で借入することが可能です。

事業性資金は担保を付けるケースも多いですが、「保証協会が保証をつけるケース」「連帯保証人がつくケース」等で不動産の担保を条件とせず資金調達することが可能です。

無担保で資金調達する方法は以下の通りです。

  • 銀行や信用金庫の事業性ローン
  • 信販会社などの事業者ローン
  • 日本政策金融公庫の事業者ローン
  • ファクタリング
  • クラウドファンディング

それぞれについて詳しく説明していきましょう。

銀行や信用金庫の事業性ローン

銀行や信用金庫などの民間金融機関の事業性ローンでは無担保で資金調達可能です。

無担保で借入する場合は一般的に「保証協会」が保証会社として付くことが多いですが、決算内容や取引実績、返済履歴によっては保証会社も付かない「プロパー融資」で対応してくれる場合もあります。

銀行や信用金庫の事業性ローンは、金利が低くまとまった資金を調達できるというメリットがあります。

返済期限も後述するビジネスローン等と比較しても長期で借入出来ることから、資金繰りを安定させる面でもメリットが大きいでしょう。

【おすすめの企業】

  • 創業から数年経った企業
  • 低コストで資金調達したい企業

信販会社などのビジネスローン

信販会社などが行うビジネスローンも無担保で資金調達することが可能です。

銀行や信用金庫の事業性ローンとは以下のような違いがあります。

  • 審査スピードが早い
  • 金利は高め
  • 来店不要で契約出来る場合もある
  • 借入金額は比較的少なめ
  • 審査基準も比較的低い

特に審査スピードが早く、来店不要で契約出来るケースも多いため、銀行に行く時間がない人や出来るだけ早く資金調達したいという人におすすめです。

その反面金利が比較的高く設定されている他、多額の資金調達には向きませんので注意が必要です。

【おすすめの企業】

  • 資金調達を急いでいる企業
  • 銀行に融資を断られた企業

日本政策金融公庫の事業者ローン

日本政策金融公庫は中小零細企業や個人事業主を支援対象に融資している国の金融機関です。

創業融資や個人事業主融資等、銀行があまり積極的に融資しないケースでも日本政策金融公庫では取り上げ出来る可能性があります。

もちろん無担保で資金調達が可能です。

金利も民間金融機関と同レートか、それより低いことが多く、資金調達という面では利用したい金融機関と言えるでしょう。

【おすすめの企業】

  • 創業したばかりの企業
  • 個人事業主、中小企業
  • 低コストで資金調達したい企業

ファクタリング

ファクタリングとは売掛債権を現金化することを指しています。売掛金の現金化ですので、担保が取られる事はありません。

売掛金が回収期限前に現金化出来ることから、すぐに手元資金として必要な場合に利用されている方法です。

ファクタリングと融資による資金調達には以下のような違いがあります。

  • 融資ではないので信用情報が関係ない
  • ファクタリング申込先より売掛債権先の財務情報が重要
  • 売掛先の倒産や入金遅れに備えることが可能
  • 手数料が融資金利よりも高い
  • 売掛債権の範囲内でしか資金調達出来ない

売掛債権の売買になるため、申込企業の財務状況が悪い場合や信用情報が悪い場合でも問題なく資金調達出来るというメリットがあります。

また、ファクタリングすることによって売掛先が倒産して貸倒れになったり入金が遅れるというリスクを回避することが可能です。

ただし、売掛金の回収までのサイト(通常30日~60日程度)に対して比較的高い手数料を支払う必要があります。通常1%~30%程度となっています。

【おすすめの企業】

  • 売掛債権を多く持つ企業
  • 資金調達を急いでいる企業
  • 銀行に融資を断られた企業

クラウドファンディング

クラウドファンディングとはMakuakeやCAMPFIRE等のクラウドファンディングラットフォームを利用して資金調達する方法です。

融資では無いことから、もちろん担保を取られることもありません。

不特定多数の人から投資を受けることが出来ますので、銀行融資などでは実現が難しい案件であってもクラウドファンディングであれば形になる可能性があります。

また、テストマーケティングを兼ねることも出来る事から新規で事業をする場合には特におすすめの方法と言えます。

ただし、支援者が見つからなければ資金調達が出来ないというデメリットもあります。

確実に資金調達をしたいのであれば、銀行融資やビジネスローン等を利用するようにしましょう。

【おすすめの企業】

  • 新規で事業をはじめたい企業
  • テストマーケティングしたい企業

まとめ

  • 銀行融資をはじめ無担保で資金調達することは可能
  • ファクタリングは融資では無いため信用情報が悪くても問題ない
  • クラウドファンディングやファクタリングは融資では無いため無担保で資金調達出来る

プロパー融資の場合は担保を入れて資金調達することが多いですが、保証協会など保証会社が付く場合は担保も保証人も不要な場合が多いです。

クラウドファンディングやファクタリングはそもそも融資では無いことから、無担保で資金調達が可能です。

担保がないと資金調達出来ないというケースは多くありません。一度紹介した資金調達方法が利用できないか検討することをおすすめします。

資金調達もこれで安心!税理士に頼むとこんなメリットがある

PAGE TOP