税務ノウハウ記事一覧

フリーランスの人が資金調達する方法を5つ紹介

フリーランスの人が資金調達する方法を5つ紹介

「フリーランスでも資金調達出来る?」
「フリーランスが融資を受けられる金融機関はある?」

このような不安や疑問を抱えている人は少なくありません。

結論から言いますと、フリーランスも資金調達することは可能です。

近年ではフリーランス人口も増えていることから、フリーランス専用のローンを取扱う金融機関が出てきた程で、借入に対するハードルも下がってきています。

とは言うものの、実際どこにいけば資金調達出来るのか良くわからないという人も多いでしょう。

そこで今回は、フリーランスの人が利用できる資金調達方法を5つ紹介します。

フリーランスが資金調達するためには

フリーランスの人が資金調達するには以下のような方法があります。

  • 日本政策金融公庫から借入する
  • 民間金融機関(信金・信組)から借入する
  • ビジネスローンで借入する
  • ファクタリングを活用する
  • フリーランスレンディング

それぞれ確認していきましょう。

日本政策金融公庫から借入する

日本政策金融公庫とは、国が100%出資している政府系の金融機関で、個人事業主や中小企業の支援を中心に行っています。

日本政策金融公庫を利用するメリットは

  1. 金利がやすい
  2. 創業融資等も積極支援してくれる
  3. フリーランスに優しい

等が挙げられます。

一般的にフリーランスや個人事業主等は地方銀行やメガバンクからは相手にされないことも多いです。

特に紹介等がない場合は創業借入は難しく、借入出来るとすれば程度実績がついてからになります。

そのような時に日本政策金融公庫は積極的に支援をしてくれるためおすすめです。

特にこれから独立しようと考えている人や、駆け出しのフリーランスの人はまず日本政策金融公庫の融資を検討してみて下さい。

民間金融機関から借入する

民間金融機関から借入するのもフリーランスの資金調達方法として挙げられます。

ただ、メガバンクや大手銀行等はフリーランスや個人事業主を相手にしてくれないケースがあるので、注意が必要です。

フリーランスの人は「信用金庫」もしくは「信用組合」を利用することを検討してみて下さい。

特に信用金庫は地域密着型で営業しておりフリーランスや個人事業主の融資も積極的に行ってくれる他、営業規模も信用組合に比べ大きいので利用に不便を感じることも少ないでしょう。

日本政策金融公庫が近くにない場合は、お近くの信金、信組の利用も検討してみて下さい。

ビジネスローンで借入する

ビジネスローンとは信販会社が提供している事業性ローンのことで、フリーランスの人も利用できます。

日本政策金融公庫や民間金融機関と比較すると金利は高めの設定になっていますが、融資までのスピードは比較的早く、すぐに資金が必要な場合は特に重宝します。

また、ネットで申込から契約まで完結出来るローン等もあるので手軽に借入したい場合はビジネスローンの利用を検討してみてはいかがでしょう。

ファクタリングを活用する

ファクタリングとは売掛債権の売却により資金調達する方法です。

売掛債権の売却を簡単に説明すると、「販売から資金が入ってくるまでの1ヵ月~1ヵ月半の権利を売る代わりに、販売分の資金を先にもらう」というイメージです。

例えばランサーズやクラウドワークスを利用している人は、納品完了から実際に資金が入ってくるまでタイムラグがあることをご存じだと思いますが、そのタイムラグを待たずに資金を先払いでもらうイメージです。

ただし、ファクタリングは資金を先払いすることから、その分の手数料が差し引かれることになります。

ファクタリング会社によって手数料の割合は違いますが、一般的に融資等と比較して割高なので注意が必要です。

フリーランスレンディング

フリーランスレンディングとは、クラウドソーシングサービスである「ランサーズ」が手がける最短翌営業日融資可能なサービスのことです。

フリーランスレンディングの最大の強みは

  1. 申込
  2. 与信審査
  3. 指定口座への入金

この1~3までの工程を最短翌日までに完了できるというスピード感でしょう。

金利に関しては

年8%~15%(100万円の場合)
年13%~18%(100万円未満の場合)

と高めに設定されていますが、最短翌営業日に資金調達が出来るのは大きなメリットとして言えるでしょう。

ただし、借入期間が最長で6ヵ月となっている等長期借入には向きません。一時的に資金を調達しなければならない場合に有効な手段です。

フリーランスが資金調達するために必要な書類

フリーランスの人が借入する時には

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 国民健康保険証
  • 収入証明書(確定申告書)
  • 印鑑証明書

等が必要になります。

各金融機関によって必要書類は変わってきますので、借入先が決まれば必要書類については予め質問しておくとスムーズに借入まですすみますのでおすすめです。

まとめ

  • 日本政策金融公庫や民間金融期間の融資で資金調達する
  • ファクタリング等で売掛債権を現金化し資金調達する
  • 借入する時には確定申告書などが必要。各金融機関によって違うから予め確認しておく

特にフリーランスの人は売上が安定しないケースも多く、規模が大きい金融機関程取り上げに消極的な場合が多いです。

そのため、最初は日本政策金融公庫や信用金庫等に相談するのが良いでしょう。

資金調達がスムーズ行く可能性も比較的高いのでおすすめです。

資金調達もこれで安心!税理士に頼むとこんなメリットがある

PAGE TOP