会計・税制の改正情報

財務省

「関税暫定措置法施行令の一部を改正する政令」が公布されました

令和4年12月14日(水)付のインターネット版官報(号外 第266号)で「関税暫定措置法施行令の一部を改正する政令」が公布されました。

政令のあらまし

日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定関係(以下「協定」)の一部改正に伴い、協定に基づく牛肉についての農産品セーフガード措置の対象となる物品の輸入数量に係る規定等を整備し、協定の改正の効力発生の日から施行する、とのことです。

関税暫定措置法施行令の一部を改正する政令(政令第379号)

インボイス制度関連記事

  1. 免税駐車場事業者のインボイス対応
  2. インボイス業者扱いの消費者・農林漁民
  3. インボイス制度 適格請求書等のいらない課税取引
  4. 保険代理店や保険外交員とインボイス制度
  5. 消費税の基本 簡易課税制度とは?
注目記事 最新記事
  1. 在庫が決算に与える影響とは?粉飾決算は在庫がポイント!
  2. 交際費と社内飲食費
  3. 通勤手当を廃止して実費精算にした場合の給与計算
  4. 令和5年度税制改正大綱『資産課税編』
  5. 勤労学生控除とは何か?学生であれば全員適用できるわけではない!?
  1. デジタルマネー 給与支払い解禁
  2. DX推進とは何をするのか
  3. 令和4年分確定申告 住宅ローン控除初年度にご用心
  4. 令和4年分確定申告書 第1表の主な変更点
  5. 休職時の社会保険料の労使負担は?

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP