税務知識記事一覧

経理実務『現金勘定』

経理実務『現金勘定』

経理上「現金」勘定で処理するものは?

硬貨や紙幣といった貨幣(お金)のほかに、金融機関ですぐに換金できる通貨代用証券も含まれます。

通貨代用証券とは他人振出小切手、送金小切手、郵便為替証書、配当金領収書、期限の到来した公社債利札などです。

また貨幣といっても円とは限りません。

ドルや人民元等他国の通貨も「現金」勘定で処理します。

他国の通貨(外貨)の処理

外貨も経理上の表示は○○円と円表示ですが、その外貨を取得した時の円相場と決算時点での円相場が違っているときは、為替差損益で残高を修正します。

例えば$1=¥120の時に$10,000取得した場合、「現金」勘定には1,200,000円と記帳されます。

しかし決算時点で$1=¥130となった場合は、以下の処理をします。

(現金)100,000/(為替差益)100,000

仮想通貨はどうなるの?

仮想通貨は、通貨といっても現物がありませんので「現金」勘定ではなく、「仮想通貨」勘定等別の勘定科目を設けて処理するのが現状では妥当です。

外貨同様、決算時点で相場が変わっていれば損益勘定で修正します。

現金取引は減っている

現在多くの企業では現金取引は少なく、ほとんどが銀行を通じた決済や電子決済となっておりますので「現金」勘定が登場する場面は少なくなっております。

企業が従業員の交通費や立替金を清算する場合は「小口現金」勘定を使い、「現金」勘定とは区別して管理します。

現金商売は日々の管理を

しかし小売業や飲食業などは日々の現金商いですから、現金勘定の管理は日々行う必要があります。

最近では電子決済等のキャッシュレスで支払う人が多くなったので間違いは少なくなりましたが、つり銭間違い等で売上の伝票やレジ集計等と現金が合わない場合は「現金過不足」勘定で残高を合わせておく必要があります。

現金商売をしている小売店や飲食店には突然税務署の調査官が来て、レジの現金とレジ集計表との突合をしてゆくこともよくあることです。注意しましょう。

インボイス制度関連記事

  1. 所得税と消費税の負担感
  2. インボイス不登録免税業者との取引での損失額
  3. インボイス業者扱いの消費者・農林漁民
  4. 法人設立期間中の損益 ~帰属先・注意点など~
  5. 期中で適格請求書発行事業者となる免税事業者の経理
注目記事 最新記事
  1. 相続税の納税資金として融資を受けることは出来るのか?
  2. 在庫が決算に与える影響とは?粉飾決算は在庫がポイント!
  3. 決算書に間違いがあった!修正することは出来るの?
  4. 交際費と社内飲食費
  5. 学生も社会保険に加入の義務あり?
  1. 賞与の支給日在籍要件
  2. 換地と保留地
    換地と保留地

    2024.07.17

  3. 就労にブランクのある人の活用
  4. 税金よもやま話『頂き女子と税金の関係』
  5. 定額減税とふるさと納税の控除上限額

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP