税務ノウハウ記事一覧

採用、オンライン面接のチェックポイント

採用、オンライン面接のチェックポイント

コロナ禍で進んだ採用のオンライン化

企業の採用活動のオンライン化が進んでいます。

求人の情報会社パーソルキャリアの調査によると「WEB面接実態調査」で2021年7月に行った求人案件で「WEB面接可」の求人案件は63.8%であり、2020年8月の38.4%から1.7倍に増えています。

WEB面接は「感染防止」「交通費がかからない」「日程調整しやすい」「大勢を集めやすい」等メリットがある一方で「雰囲気が伝わらない」「思っていた感じと違う」など問題点もあります。

このような事態にならないためにWEBでは応募者のどこを見るとよいのでしょうか。

WEB面接のチェックポイント

全体を通してチェックするところ

  1. ログイン時間は時間通り又は少し早めにログインをして準備しているか
  2. 服装は清潔感のあるものか、Tシャツなどカジュアル過ぎることはないか
  3. 姿勢は背筋を伸ばし、臨んでいるか
  4. 洗濯物など面接にふさわしくないものが写っていないか、バーチャル背景であるなら面接にふさわしいものか
  5. 最初に面談したとき、うつむく、黙ったまま、相手任せのコミュニケ―ションになっていないか、きちんと挨拶をしたか等

面接中のチェック 7つのポイント

  1. 表情

    適度な緊張感があるか、笑顔など相手とコミュニケーションをとる姿勢はあるか

  2. 言葉使い

    丁寧な言葉で相手に伝えることができているか

  3. 論理的思考力

    物事を順序だてて説明することができるか数値や経験をもとに説明ができるか

  4. 根底にある価値観

    面接官は「なぜ」を5回繰り返し深掘り質問で聞き出すのがポイントです。面接でよく聞かれること以外を質問し相手の本質を見ます。

  5. 会社のビジョンや理念への共感・理解

    ビジョンをリサーチしているか、どうとらえているか、何を成し遂げたいのかを聞き将来の展望を引き出します。

  6. 本人のとらえる自分の強み・弱み

    特に最後の質問は前の会話との整合性や一貫性など自分を客観的に見た姿なども見えてきます。

PAGE TOP