税務知識記事一覧

36協定の届け出と時間外労働上限規制

36協定の届け出と時間外労働上限規制

3月は36協定の提出最盛期です

36協定は「時間外、休日労働に関する労使協定」のことです。

年度終わりの3月から新年度の4月頃に36協定を労働基準監督署に提出する企業が多いため届出が集中します。

企業が従業員に法定労働時間を超えて労働させたり、休日に労働させたりする場合、あらかじめ36協定を締結し労基署に届け出る必要があります。

労基法第36条で規定されているので「サブロク協定」といわれます。

法定労働時間と所定労働時間

法定労働時間とは労働基準法で定められた1日8時間、週に40時間以内の労働時間のことです。

対して所定労働時間とは企業が規定で定めている労働時間をいいます。

所定労働時間で残業をさせても法定労働時間内であれば36協定の必要は生じません。

また、法定休日とは労働基準法で定められた週に1回の休日を言います。

一方、所定外休日とは法定休日以外に企業が定めた休日をいいます。

例えば完全週休2日制で週の初めを月曜日に定めた場合は、土日休みの場合、先に来る土曜日が法定外休日になります。

働き方改革で36協定時間外労働上限規制

繁忙期や緊急対応などで臨時的で特別な事情の時、36協定で定めた以上の労働を命ずる場合、特別条項を結ぶことで時間外労働の延長ができました。

しかし2020年4月から上限が定められています。

  • 通常の36協定で定める上限(月45時間年360時間)を超えるのは年6回まで
  • 年間720時間まで
  • 休日労働を含めて単月100時間未満
  • 休日労働を含めて複数月(2~6か月)の平均80時間以内

令和6年4月から上限規制適用になる職種

2024年問題と言われていますが、今まで時間外労働の上限規制のなかった下記の職種にも、この春からそれぞれ新しく上限規制がかかります。

  • 建築関係の事業
  • 自動車等運送の事業
  • 医療機関の事業

現代の働き方は様々ですが、どのような勤怠形式でも無制限に労働させてよいわけではないので、自社の勤務の状況の時間外労働を正しく把握する必要があるでしょう。

インボイス制度関連記事

  1. インボイス業者扱いの消費者・農林漁民
  2. 期中で適格請求書発行事業者となる免税事業者の経理
  3. 消費税の基本的な仕組み
  4. コンビニの適格請求書登録番号は店舗ごとに違う可能性大
  5. インボイス制度と独禁・下請・建設業法
注目記事 最新記事
  1. 海外在住で日本企業にリモート勤務の所得税と社会保険
  2. 産後パパ育休と育児休業分割取得
  3. 交際費と社内飲食費
  4. 決算で減価償却費を利用した利益調整を行う方法
  5. 青色申告と白色申告、どっちで確定申告するのが良い?メリットやデメリットについて徹底解説!
  1. 懲戒解雇と退職金の関係
  2. 年次有給休暇と時間外労働がある場合の給与計算
  3. 一気に倍額!接待飲食費の金額基準の改正
  4. リスキリングとリカレント教育
  5. インバウンドと人手不足の解消に免税自動販売機とは

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP