税務知識記事一覧

中堅・中小企業の賃上げへ ~大規模成長投資補助金~

中堅・中小企業の賃上げへ ~大規模成長投資補助金~

中堅・中小向け大規模成長投資補助金とは

本事業は、地域の雇用を支える中堅・中小企業が、足下の人手不足等の課題に対応し、成長していくことを目指し、大規模設備投資を促進することで、 地方における持続的な賃上げを実現することを目的とした大型補助金です。

工場や倉庫、販売拠点などの新設や増設、最先端の機械や省力化できる設備の購入、ソフトウェアの購入や情報システムの構築費などが対象となります。補助上限額が50億円とかなり大がかりな補助金となっています。

補助事業期間

交付決定日から最長で令和8年12月末まで。

※ただし、補正予算の早期執行の観点から、極力令和6年度末までに設備等の支払い・設置を前倒しする投資計画の策定が必要です。

補助対象者

補助対象者は、日本国内に本社及び補助事業の実施場所を有する、常時使用する従業員の数が 2,000人以下の会社又は個人です。

会社・個人以外の法人も、政策目的に沿った補助事業であり、その補助事業が収益事業に関する内容である場合、補助対象者となります。

ただし、以下のいずれかに該当するものは、大企業とみなして補助対象外となります。

ここでいう「大企業」とは常時使用する従業員数が2,000人超の事業者を指します。

  1. 発行済株式の総数又は出資金額の2分の1以上が同一の大企業の所有に属している法人
  2. 発行済株式の総数又は出資金額の3分の2以上が複数の大企業の所有に属している法人
  3. 大企業の役員又は職員を兼ねている者が役員総数の2分の1以上を占めている法人

補助事業の要件

  1. 投資額 10 億円以上(外注費・専門家経費を除く補助対象経費分)であること
    ※投資場所が複数地域になる場合も対象となりますが、補助事業の目的・内容が一体的であることが必要です。
  2. 賃上げ要件「補助事業終了後3年間の賃上げ率が、直近5年間の最低賃金の伸び率以上」を達成すること
  3. 補助率1/3以内

締切は令和6年4月30日17時です。

積極的な設備投資や拠点の新設で、労働生産性を高める取り組みをサポートします。「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」は、地域の雇用を支える中堅・中小企業が、足下の人手不足等の課題に対応し、成長していくことを目指して行う大規模投資を促進することで、地方における持続的な賃上げを実現することを目的とします。

インボイス制度関連記事

  1. 消費税の基本 免税事業者とは?
  2. 免税事業者からの課税仕入れに係る控除対象外消費税額
  3. インボイス制度とは何か?仕入控除は決算にどのような影響がある?
  4. 小規模事業者持続化補助金の枠の種類が増加しました
  5. インボイス制度 基本的な緩和措置等のまとめ
注目記事 最新記事
  1. 海外在住で日本企業にリモート勤務の所得税と社会保険
  2. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  3. 定額減税が開始されます
  4. 生命保険料控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  5. 相続税の納税資金として融資を受けることは出来るのか?
  1. 懲戒解雇と退職金の関係
  2. 年次有給休暇と時間外労働がある場合の給与計算
  3. 一気に倍額!接待飲食費の金額基準の改正
  4. リスキリングとリカレント教育
  5. インバウンドと人手不足の解消に免税自動販売機とは

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP