税務知識記事一覧

将来の老齢年金受取額を増やすには

将来の老齢年金受取額を増やすには

年金額を増やしておきたいとき

現在では「年金ネット」で自分の国民年金・厚生年金の加入記録の確認や将来の見込み額の試算も簡単にできるようになっています。

将来の試算額より多くもらえるようにするには次のような方法が取れます。

繰り下げ受給

特別支給の老齢厚生年金が受給できる方を除けば老齢年金の受給開始は65歳です。

この開始時期を本人の希望で66歳以降に遅らせることにより受給額を増やします。

これを「繰り下げ受給」といいます。

繰り下げを行うことによって老齢年金の受給額は繰り下げ1か月につき0.7%増額されます。

繰り下げ受給は66歳から75歳までの間に請求できます。ただし、昭和27年4月1日以前生まれの方は70歳になるまでです。

例えば70歳までですと42%、75歳までですと84%増額され率は生涯変わりません。

自分の健康具合などを考えて決めましょう。

70歳まで働く

働いて厚生年金に加入し続ければ加入期間が増えるので年金額も増えます。

その間の繰り下げも考えられます。会社が継続勤務を認める会社であれば可能となるでしょう。

保険料の追納

経済的な理由で国民年金保険料の全部または一部の免除を受けた期間のある人は、その内容に応じて年金額が減額されます。

10年以内に保険料を追納すれば追納保険料が反映されます。

学生納付特例制度などの納付猶予を利用した方も10年以内なら追納しておけば反映されます。

国民年金の任意加入

60歳までに老齢基礎年金の受給資格を満たしていない場合、70歳未満の方で40年間の納付期間が足らず満額受給できない場合なども60歳以降に任意加入することができます。

ただし、厚生年金保険、共済組合に加入中の方は任意加入できません。

また、国民年金には付加保険料(月額400円)を支払うと将来の受け取りは200円×付加加入月数分が受け取れます。

厚生年金の任意加入

会社に勤めていて70歳になれば厚生年金から外れますが継続して働くとき、老齢年金を受けるのに加入期間が不足しているときは事業主が同意すれば保険料は折半、同意しなければ本人が労使分の保険料を支払う任意加入制度があります。

インボイス制度関連記事

  1. 消費税インボイス制度いよいよ始動
  2. 免税事業者からの課税仕入れに係る控除対象外消費税額
  3. 制度開始目前のインボイス登録
  4. 今年の改正税法 インボイス事業者即時登録
  5. インボイス制度 事業者登録が遅れたら?
注目記事 最新記事
  1. 生命保険料控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  2. 相続税の納税資金として融資を受けることは出来るのか?
  3. 扶養控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  4. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  5. 相続税法第58条の改正
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP