税務ノウハウ記事一覧

個人事業主の人必見!本当に勧めたい有効な資金調達方法を4つ紹介!

個人事業主の人必見!本当に勧めたい有効な資金調達方法を4つ紹介!

「個人事業主だけど資金調達にはどんな方法がある?」
「個人事業主におすすめの資金調達方法について知りたい」

このような不安や疑問を抱えている人は少なくありません。

結論から言いますと、個人事業主でも資金調達することは可能です。そして個人事業主だからこそ利用したい資金調達方法もあります。

今回は、個人事業主の人が今すぐ使えるおすすめの資金調達方法について説明しますので、ぜひ参考にして下さい。

個人事業主が資金調達する方法

個人事業主の人が資金調達する方法はいくつかありますが、ここでは一般的によく利用される資金調達方法について紹介します。

個人事業主の人が資金調達するためには

  • 政策公庫の融資
  • 民間金融機関の融資
  • ファクタリング
  • ビジネスローン

などが特に用いられる方法です。

それぞれについて詳しく説明していきましょう。

政策公庫の融資

政策公庫は、特に創業したての個人事業者の人が資金調達するのにおすすめの方法です。

なぜなら政策公庫は「低金利」で、かつ「高額融資」が可能であり、更には「事業実績」が無くても借入が出来るためです。

実は創業したての個人事業主には事業実績が無いため、銀行が融資をしてくれないケースが多いです。

そこで、最初は政策公庫から資金を調達して事業運営をはじめ、確定申告を終えた後民間金融から借入をするという人も多いです。

個人事業主の人は一度相談してみる価値は高いため、一度相談されるのがいいかもしれません。

ただし、政策公庫から創業資金を借入する場合は、一定の自己資金が求められることもあるため注意が必要です。

民間金融機関の融資

個人事業主であっても、実績があれば民間金融機関で借入することは可能です。

ただし、個人事業主などの小規模事業であればある程、銀行は目を向けてくれないのが現実です。

その場合は、地域金融機関である信用金庫や信用組合を利用することをお勧めします。

尚、事業での借入であれば、信用金庫や信用組合は会員(出資)になることが条件になります。

一般的には5,000円程度から出資会員になれるので、出資が負担になるという事はほとんどないため、安心して下さい。

ファクタリング

ファクタリングとは売掛債権を売買して、資金調達する方法です。

簡単に言えば「前借」みたいなものです。

先に入金することが決まっている資金債券を売却することで、手数料を差し引いた代金を先に手に入れられるのがファクタリングであり、今すぐに資金調達をしたい人にとっては大きなメリットとなります。

また、ファクタリングは融資ではないため審査がありません。

仮に個人信用情報に傷が付いていて、金融機関から融資取引を断られてしまった先であっても、ファクタリングは可能です。

ただし、売掛債権先が不明であったり、信用がなかったりする先は、その資金が期日になっても入金にならない可能性があることから、ファクタリングが断られる可能性もあるため注意が必要です。

フリーナンスはファクタリング

個人事業主でWEBライター活動している人の中には「フリーナンス」と呼ばれるサービスを利用したことがあるという人も多いかもしれません。

実は、フリーナンスの仕組みは、ランサーズなどの「クラウドソーシングサービス」を利用している人で「入金が確定」している資金に対しは先払いを認めるものであり、ファクタリングとほぼ同であると思っていただいて差支え無いでしょう。

ビジネスローン

ビジネスローンとは、一般的には「ノンバンク」などの民間金融機関が個人事業主などに事業資金に限定して貸付けるローンのことです。

ビジネスローンはノンバンクの取り扱いとなるため、銀行などと比較しても審査時間が早く、今すぐに資金調達をしたいという人にとっては特におすすめのローンとなっています。

ただし、一般的に高金利になる点や、ビジネスローンで借入したことが個人信用情報に残る点などから、今後銀行や信用金庫で借入したいと思っても、ノンバンクから借入している情報を見て融資が不利に進む可能性があることにも注意しなければなりません。

まずは自分がどの資金調達方法が合っているのかを、しっかり見極める必要があるという事です。

まとめ

  • 創業したての個人事業主は「政策公庫融資」がおすすめ
  • 実績のある個人事業主の人は「民間金融機関融資」がおすすめ
  • 売掛債権がある個人事業主の人はファクタリングを検討

今回紹介した4つの方法は、個人事業主の人が行う有効な資金調達と言えます。

それぞれの方法が、それぞれ対応しやすい時期がありますので、自分の事業がどの時期にあるのかによって資金調達方法を変えてみるのも手段の一つでしょう。

資金調達で不安がある人は、専門家である税理士に一度相談されるのもおすすめです。

今後事業を大きくしていきたいという人も、無料相談会などを利用して気軽に聞いてみてはいかがでしょうか。

資金調達もこれで安心!税理士に頼むとこんなメリットがある

おすすめ記事 最新記事
  1. コロナで税務調査の件数が減った?2021年の税務調査事情について解説
  2. <令和4年最新版>M&Aを行う際に利用できる補助金はある?
  3. 知らないで、年金の請求漏れ
  4. 令和4年度の雇用保険料率2段階引き上げ
  5. 中古住宅取得や増改築で贈与税が非課税になる方法
  1. 領収書と印紙税
  2. タンス預金はバレる?相続税申告でタンス預金を隠し通すことは出来るのか?
  3. 企業がSDGsに取り組む理由
  4. 決算における純資産について徹底解説!
  5. 営業権(のれん)の価値

税務知識ブログカテゴリー

スポンサーリンク

PAGE TOP