税務知識記事一覧

基準期間で判定が原則だが納税義務免除の特例の色々

基準期間で判定が原則だが納税義務免除の特例の色々

原則規定

消費税においては、その課税期間の基準期間における課税売上高が1000万円以下の事業者については、納税義務を免除することとされています。

新規設立法人については、設立1期目および2期目の基準期間はありませんので、原則として納税義務が免除されます。

なお、設立3期目以後の課税期間における納税義務の有無の判定については、原則どおり、基準期間における課税売上高が1000万円を超えるか否かで行うこととなります。

特例1 特定期間に係る納税義務

但し、その課税期間の基準期間における課税売上高が1000万円以下であっても、その課税期間の前課税期間開始の日以後6ヶ月の期間(特定期間)における課税売上高が1000万円を超える場合、その課税期間の納税義務は免除されず、課税事業者となります(なお、特定期間における1000万円超か否かの判定は、課税売上高に代えて、給与等支払額の合計額により判定することもできます)。

これは、特定期間に係る納税義務の免除の特例と言われています。

特例2 新設法人の納税義務

さらに但しですが、新設法人(社会福祉法人等を除きます。)のうち、その事業年度開始の日における資本金の額または出資金の額が1000万円以上である場合は、その設立1期目及び設立2期目の納税義務は免除されず、課税事業者となります。

これは、新設法人の納税義務の免除の特例と言われています。

特例3 特定新規設立法人の納税義務

さらにさらに但しですが、資本金1000万円未満の新規設立法人(社会福祉法人を除きます)のうち、その事業年度開始の日において、その法人の株式・出資の5割超を直接又は間接に保有する法人及び完全支配関係法人グループの中に、その新規設立法人のその事業年度の基準期間に相当する期間の課税売上高が5億円を超える法人がある場合は、その設立1期目及び設立2期目の納税義務は免除されず、課税事業者となります。

これは、特定新規設立法人の納税義務の免除の特例と言われています。

これらの納税義務免除の特例に該当する場合には、これらに「該当する旨の届出書」を所轄税務署長に提出することとされています。

インボイス制度関連記事

  1. インボイス制度の2割特例
  2. インボイス制度で事務処理の煩雑さとの比較での旅費規程の見直し
  3. 消費税インボイス制度いよいよ始動
  4. 期中で適格請求書発行事業者となる免税事業者の経理
  5. 免税事業者は少しだけ非課税大家さんより有利
注目記事 最新記事
  1. 決算において減価償却しないことは認められている?
  2. 別表六(三十一)の誤記載に注意喚起
  3. 海外在住で日本企業にリモート勤務の所得税と社会保険
  4. 産後パパ育休と育児休業分割取得
  5. 生命保険料控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP