税務知識記事一覧

残業の正しい考え方

残業の正しい考え方

残業は法律違反?

労働基準法32条では「会社は1日につき8時間、1週間につき40時間を超えて労働をさせてはならない」と規定しています。

したがって労働基準法の大原則に立ち返るならば、1日8時間又は1週間に40時間を超える労働いわゆる残業(時間外・休日労働)は法律違反になります。

しかし実社会では残業は普通に行われています。

これらの会社は労働基準法違反を犯しているのでしょうか?

当然そんなことはありません。その理由を見ていきましょう。

残業が認められる法的根拠

会社を経営していくうえで、従業員に残業をしてもらう必要は生じるでしょう。

しかし、前に見たように何もしないで残業をさせた場合には労働基準法違反になります。

それではどのようにすればよいのでしょうか。

次の3つの条件を満たすことにより合法的に残業が認められるようになります。

  1. 雇用契約や就業規則等で「残業を命じる場合がある旨」を合意する
  2. 労働基準法37条に規定する以上の残業代(割増賃金)を支払う
  3. 36協定の締結と労基署への届け出

ここで誤解を生じやすい点があるので注意して下さい。

ほとんどの会社で3の36協定の締結と労働基準監督署への届け出はしていると思います。

ただし、最高裁の判例は、「36協定の届け出のみでは従業員に残業をする義務は生じない」としています。

そこで「従業員に残業をする義務を生じさせる根拠」として1の雇用契約書又は就業規則等で「残業を命じる場合がある旨」の合意が必要になるわけです。

なお、1の従業員との合意について、一定の条件を満たす就業規則による場合には、「残業をすること」について各従業員の個別の同意は不要になります。

つまり、その従業員が「残業はしたくない」と言っても会社は残業を業務命令として命じることができることになります。

また、残業代について一言加えると法律上の考え方は、労働基準法37条で計算した残業代以上の残業代を支払えば条件を満たすとしているので、必ずしも同法通りの計算方法による必要はないとしています。

インボイス制度関連記事

  1. インボイス制度 免税事業者の選択と経過措置
  2. 法人設立期間中の損益 ~帰属先・注意点など~
  3. 消費税2割特例が使える場合の簡易課税選択届の先延ばし
  4. 免税事業者は少しだけ非課税大家さんより有利
  5. インボイス発行権限への恐怖
注目記事 最新記事
  1. 扶養控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  2. 決算において減価償却しないことは認められている?
  3. 決算をまたぐ工事がある!どうやって決算すればいい?
  4. 社会保険の「二以上勤務届」と給与計算
  5. 外国税額控除の控除限度額と繰越控除
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP