税務知識記事一覧

財産債務調書と国外財産調書

財産債務調書と国外財産調書

財産を持っていたら知らせなさい

ある一定額を超えた財産を持っている場合、調書にその内容をまとめて税務署に提出しなければならない制度があります。

それが「財産債務調書制度」と「国外財産調書制度」です。

財産債務調書制度は①その年の退職所得を除く所得金額の合計額が2,000万円超、かつ②その年の12月31日において合計3億円以上の財産か、1億円以上の国外転出特例対象資産を持っている方が対象で、財産債務調書の提出が必要です。

令和5年以降は上記条件の他に「10億円以上の財産を持っている」場合も対象になります。

国外財産調書制度はその年の12月31日において、5,000万円を超える国外財産を有する非永住者以外の居住者が対象です。

どちらもアメとムチを用意しています

調書に記載がある財産に関して、所得税等・相続税の申告漏れが生じた場合、その財産に課される過少申告加算税や無申告加算税が5パーセント軽減されます。

逆に、調書の提出がない場合、または提出された調書に記載すべきものを記載しなかった場合、その財産に課される過少申告加算税や無申告加算税は5パーセント加重されます。

また、国外財産調書については、偽りの記載をして提出した場合や、提出をしなかった場合には、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されることがあります。

ただ、意図的な虚偽記載や不提出ではなく、うっかり提出していなかった、といった事情であれば、その刑を免除することができるとされています。

どのくらい軽減・加重措置を受けている?

国税庁が発表している資料によると、令和3年分国外財産調書の提出件数は12,109件で、令和3事務年度における過少申告加算税及び無申告加算税の特例措置は

  • 軽減措置:135件 41億9,893万円
  • 加重措置:293件 439億2,378万円

だったということです。

また、少し古い記事ですが2019年には国外財産調書不提出で国税局が告発しているのをニュースサイトで確認できます。

※令和5年分からは提出期限が従来の3月15日から、6月末へと変更されます。

インボイス制度関連記事

  1. 消費税『課税事業者・免税事業者どっちが得』
  2. インボイス制度 事業者公表サイトでひと騒動
  3. コンビニの適格請求書登録番号は店舗ごとに違う可能性大
  4. 民法上の組合 インボイス対応
  5. 保険代理店や保険外交員とインボイス制度
注目記事 最新記事
  1. 青色申告と白色申告、どっちで確定申告するのが良い?メリットやデメリットについて徹底解説!
  2. 在庫が決算に与える影響とは?粉飾決算は在庫がポイント!
  3. 小規模企業共済等掛金控除とは何?どのようなものが対象となる?
  4. 2割特例の適用に「不適用届出書」提出が必要な場合がある
  5. 通勤手当を廃止して実費精算にした場合の給与計算
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP