税務ノウハウ記事一覧

有期雇用パート社員の無期雇用転換を支援する助成金

有期雇用パート社員の無期雇用転換を支援する助成金

65歳超雇用推進助成金

高年齢者無期雇用転換コース

50代の有期契約パート社員を雇用している事業主の方が使える助成金です。

入社から5年以内の有期雇用契約のパートタイマーの方を無期雇用契約に切り替えた場合に使える可能性があります。

受給の条件

  1. 雇用されてから転換日までの期間が6か月以上5年以内であって転換日の年齢が50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者であること(定年年齢が64歳以上、または定年を廃止している場合は転換時の年齢が63歳まで申請できます)
  2. 無期雇用契約転換後には週所定労働時間が20時間以上あり雇用保険に加入していること
  3. 有期契約労働者を無期雇用労働者に転換後、6か月を経過すると助成金を申請できます

対象事業主とは

  1. 定年年齢や65歳までの雇用確保の措置が就業規則などに規定されていること
  2. 転換日の前日から起算して6か月前の日から1年を経過する日までの間に会社都合退職がないこと
  3. 高年齢者の雇用管理に関する措置を1つ以上実施し就業規則にその制度に関する規定を設けていること

助成額

1人につき中小企業は48万円

生産性要件を満たしたときは60万円

1年度転換期間に支給限度人数は10人まで

キャリアアップ助成金との違い

キャリアアップ助成金正社員化コースと似てはいますが内容は違います。

対象年齢、雇用期間、役員で3親等以内の親族も対象者にできる等の違いがありますが、大きな違いは転換時に賃金アップ3%以上という条件はありませんので、そのままの時給でも申請できることです。

申請のスケジュール

計画書を作成し計画期間の開始日から起算して2か月までに計画書の提出をします。

事前に各都道府県の高齢・障害・求職者雇用支援機構に申請書類を持参して相談をしてください。

計画書の受理後、認定されましたら就業規則に転換条文を入れて無期雇用に転換、6か月経過後支給申請します。

インボイス制度関連記事

  1. 所得税と消費税の負担感
  2. 消費税の基本 免税事業者とは?
  3. 働き方が多様になりましたフリーランスと今後の税務
  4. 消費税の基本 簡易課税制度とは?
  5. BtoBでの免税事業者の消費税転嫁は保護されるのか
注目記事 最新記事
  1. 決算で現金が合わない場合はどのように処理をする?
  2. 勤労学生控除とは何か?学生であれば全員適用できるわけではない!?
  3. 令和5年度税制改正大綱『納税環境整備編』
  4. 決算で減価償却費を利用した利益調整を行う方法
  5. 交際費と社内飲食費
  1. 全国旅行支援利用の出張旅費精算-法人の会計と個人の課税
  2. 百貨店友の会積立金の所得課税と課税のタイミング
  3. マイナンバーカード健康保険証に寄せられた質問
  4. 令和5年度税制改正大綱『納税環境整備編』
  5. 令和5年度税制改正大綱『国際課税編』

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP