税務知識記事一覧

生成AIと雇用

生成AIと雇用

生成AIを取り巻く環境

2022年11月にChatGPTが登場して以来、生成AIに対する関心が急速に高まっています。

この関心の高まりには、「生成AIが人類の未来を明るいものにするであろう」というポジティブなものと同時に、「生成AIが人類の存続を危うくするのではないか」といったネガティブなものまで幅広く存在します。

実際、生成AIに関するリスクについては、各国政府も対応に追われ、例えばイタリアでは「GDPR(EU版個人情報保護法のようなもの)」との関係で問題があるとして、一時的にではありますが、利用停止を命じたこともありました。

また、日本でも個人情報保護委員会が、OpenAI社に対して、「生成AIサービスの利用に関する注意喚起等について」と題する行政指導を行っています。

これらのことから各国が憂慮する当面の問題は、生成AIに機械学習をさせるための情報収集と個人情報保護の関係としていることが窺えます。

生成AIと雇用リスク

様々なAIリスクが懸念される中で、我々働く人間が最も懸念するのは「AIに仕事を奪われるのでは」という不安ではないでしょうか。

内閣府に設置される「AI戦略会議」でも、いくつか挙げられたAIリスクの内に「失業者の増加」が挙げられています。

ただし、これは生成AIの登場を待たずとも、既に意識されていたことであり、また、AIに限らず一般的に技術革新が進むことにより、雇用に様々な影響を及ぼすことは、過去の歴史で何度も繰り返されてきたことでもあります。

とはいえ、現実に直面しようとしている我々には、これからの展開は気になるところです。

日本型雇用システムとの関係

中短期的には我が国における労働法とその背景にある日本型雇用システムとの関係から、企業において急激に人間とAIの入れ替えは起きないと考えられます。

歴史的に見ても、日本型雇用システムの下で技術革新があると、正社員はその新技術に対応した技能を習得して、その技能を活用する別の職務への配置転換が行われることにより、雇用が継続されてきました。

これが現在日本で「リスキリング」が大きな注目を浴びる要因でもあります。

インボイス制度関連記事

  1. 消費税2割特例が使える場合の簡易課税選択届の先延ばし
  2. インボイス制度とは何か?仕入控除は決算にどのような影響がある?
  3. 免税事業者が課税事業者となる訳
  4. 免税駐車場事業者のインボイス対応
  5. 保険代理店や保険外交員とインボイス制度
注目記事 最新記事
  1. 大企業向け賃上げ促進税制のマルチステークホルダー経営宣言とは
  2. 5年? 7年? 10年? 帳簿・領収書等の保存期間
  3. 法人税・所得税の税務調査統計
  4. 副業が事業所得となる基準
  5. 外国税額控除の控除限度額と繰越控除
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP