税務ノウハウ記事一覧

企業サイクルごとにおすすめの資金調達方法を紹介!

企業サイクルごとにおすすめの資金調達方法を紹介!

「おすすめの資金調達方法はある?」
「自社に合った資金調達方法を知りたい!」

このような疑問や不安を抱えている人は少なくありません。

結論から言いますと、資金調達方法はいくつもありますが、企業の成長サイクルに合わせた資金調達を行わなければ、逆に資金繰りを圧迫してしまう可能性もあります。

そこで今回は、企業の状態に合わせたおすすめの資金調達方法について紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

資金調達方法

資金調達を大きく3つに分けると「アセットファイナンス」「デッドファイナンス」「エクイティファイナンス」に分けられることはご存じの人も多いのではないでしょうか。

それぞれ簡単に説明すると以下のようになります。

<アセットファイナンス>
会社の持つ資産を売却し資金を調達する方法。
例:ファクタリング など

<デッドファイナンス>
金融機関借入や債券発行などの「負債」により資金を調達する方法
例:銀行融資、政策公庫融資、私募債、ビジネスローン など

<エクイティファイナンス>
投資家から直接資金を調達する方法
例:ベンチャーキャピタル投資、エンジェル投資家投資 など

おすすめの資金調達とは、前提として自社の経営状況や、今後のビジョンなどを基に以上の3つからどの資金調達手段を選択するかを定める必要があります。

サイクル別おすすめの資金調達方法

企業の成長には

  • 創業期
  • 成長期
  • 成熟期
  • 衰退期

以上の4つのサイクルがあります。

資金調達は、企業の成長サイクルに合わせて行うことも重要です。

なぜなら、企業の成長サイクルによってキャッシュフローがどれだけ生み出せるかどうかは大きく変わってくるからです。

例えばそもそも資金繰りが厳しい創業期に借入金を増やしても上手く回らないことが多いのが現実であり、企業の成長サイクルに合わせた資金調達はとても重要になってくるのです。

ここからは、企業サイクルに合わせたおすすめの資金調達方法について説明していきます。

創業期

創業期とは、企業が新しいビジネスモデルを立上げ、市場をこれから開拓していこうという状態を指します。

企業の黎明期であり、多くの資金を必要とする時期ですが実績が無いことから銀行からの融資も厳しい時期でもあります。

エクイティファイナンスを含めた資金調達を検討しなければなりません。

<おすすめの資金調達方法>

  • エンジェル投資家からの出資
  • ベンチャーキャピタルからの出資
  • 日本政策金融公庫からの融資
  • 信用金庫、信用組合からの融資

特に銀行は創業融資に対して消極的であることが多いため、金融機関借入ならばより小規模事業者を対象にしている信用金庫や信用組合から借入をする方がおすすめです。

また、創業支援を積極的に行なっている日本政策金融公庫(国が100%出資)からの借入もおすすめです。

成長期

成長期は創業期と同様に設備投資や事業運転資金などの資金を多く必要とする時期です。

銀行融資も比較的借り易くなりますが、投資家からのエクイティファイナンスも有効な手段と言えるでしょう。

<おすすめの資金調達方法>

  • エンジェル投資家からの出資
  • ベンチャーキャピタルからの出資
  • 銀行からの融資

尚、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルからの資金調達は借入ではなく出資であることから「負債」にはなりません。つまり、返済義務がない資金調達になります。

直接資本を増強させる方法となりますので、事業基盤も強固になり、今後更に事業を成長させる上でもおすすめの資金調達方法と言えるでしょう。

成熟期

成熟期は売上が安定、又は緩やかに減少する時期です。

競合他社と差別化を図り、既存客を維持、新規顧客の開拓が迫られる時期であり、ここで事業計画の見直しが求められる時期でもあります。

資金的にはあまり必要にならないケースも多いですが、資金繰りの悪化に伴い資金調達が必要なケースも出てきます。

<おすすめの資金調達方法>

  • 銀行からの融資
  • 私募債
  • 手形割引
  • ファクタリング など

成熟期の企業は今後事業承継を含めた長期的な計画を考える必要があり、無計画な資金調達は逆に資金繰りを圧迫させることになりかねませんので注意が必要です。

衰退期

需要が落ち込み、売上も降下し続け資金繰りが圧迫します。

銀行側とは借入金の返済について交渉が必要になり、今後事業売却を含めた抜本的な改革が求められます。

一般的に衰退期では資金需要があっても新規の借入は難しくなります。

M&Aを含めた事業承継の方法を模索するようにしましょう。

まとめ

  • 資金調達は企業サイクルに合わせて行うと良い
  • 創業期は銀行からの融資が比較的難しい
  • 衰退期は資金調達が難しくM&Aを含めた抜本的な改革が必要

資金調達は「とりあえず行う」のではなく、企業の成長サイクルに合わせて行うようにして下さい。

エクイティファイナンスは資本増強に繋がりおすすめの資金調達方法ではありますが、投資家が見つからなければ意味がありません。

逆に銀行融資は返済が出来なければ意味が無いため、しっかりとした資金計画を練る必要があります。

まずは企業の成長サイクルを把握し、一番企業に合った資金調達方法を検討することが重要です。

資金調達もこれで安心!税理士に頼むとこんなメリットがある

PAGE TOP