税務ノウハウ記事一覧

事業再構築補助金は次回で今年度の募集は最後です!

事業再構築補助金は次回で今年度の募集は最後です!

事業再構築補助金とは

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売り上げの回復が期待しづらい中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために中小企業等の事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことが重要です。

そのため、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

次回で今年度の募集は締切です(令和5年1月13日(金)18時)。

補助対象経費

本補助金は設備投資を支援するものです。

設備費のほか、建物の建設費、建物改修費、撤去費、システム構築費も補助対象です。

【主要経費】

  • 建物費(建物の建築・改修・撤去に要する経費)、機械設備・システム構築費

【関連経費】

  • 外注費(製品開発に要する加工、設計等)、技術導入費(知的財産権導入に係る経費)
  • 研修費(教育訓練費等)、広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)

補助対象外の経費の例

  • 補助対象企業の従業員の人件費、従業員の旅費
  • 不動産、株式、公道を走る車両、パソコン、スマートフォン、家具等汎用品の購入費
  • 販売する商品の原材料費、消耗品費、光熱水費、通信費

事業計画の策定

補助金の審査は事業計画を基に行われます。

採択されるためには、説得力のある事業計画を策定することが必要です。

事業計画は、認定経営革新等支援機関と相談しつつ下記の要件を記載する必要があります。

  • 現在の企業の事業、強み・弱み、機会・脅威、事業環境、事業再構築の必要性
  • 事業再構築の具体的内容(提供する製品・サービス、導入する設備、工事等)
  • 事業再構築の市場の状況、自社の優位性、価格設定、課題やリスクとその解決法
  • 実施体制、スケジュール、資金調達計画、収益計画(付加価値増加を含む)

インボイス制度関連記事

  1. 消費税の基本的な仕組み
  2. 免税事業者は少しだけ非課税大家さんより有利
  3. 免税会社の適格請求発行事業者登録のタイミング
  4. コンビニの適格請求書登録番号は店舗ごとに違う可能性大
  5. 自分は課税事業者? 免税事業者?
注目記事 最新記事
  1. 在庫が決算に与える影響とは?粉飾決算は在庫がポイント!
  2. <号外>自由民主党「令和5年度税制改正大綱」を公表
  3. 副業が事業所得となる基準
  4. 企業型DCの資産放置 約2,600億円!
  5. 決算で現金が合わない場合はどのように処理をする?
  1. デジタルマネー 給与支払い解禁
  2. DX推進とは何をするのか
  3. 令和4年分確定申告 住宅ローン控除初年度にご用心
  4. 令和4年分確定申告書 第1表の主な変更点
  5. 休職時の社会保険料の労使負担は?

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP