税務ノウハウ記事一覧

リモート採面7割が導入 面接官の心得

リモート採面7割が導入 面接官の心得

企業の人事担当者を対象とした「リモート採用の導入・実施状況」調査(2022年1月実施)の結果によると、リモート採用を行っている企業は約7割となっています(マンパワー調べ)。

リモート採用では、企業説明会、採用面接、内定者フォロー、適性検査等が行われています。

この調査では企業規模別の結果は出ていませんが、会社説明会のような大規模でなくとも最終面接以外はリモートを活用しているという企業は多いようです。

遠方からの応募も増える効果があるので中小企業でも導入は増えています。

最終面接は直接、対面で行う

コロナ禍で以前は最終面接までリモートというケースも多かったようですが、最近はコロナ禍の様子も変化してきているので今後は対面の面接も復活して増えるものと思われます。

この調査では「最終面接以外の面接」はリモートで行っているという企業が84.3%ありました。

やはりリモートだけでは応募者の実際の人柄はつかみにくいようです。

面接側として配慮すべきこと

実際のWeb面接の際に心得ておくべきポイントは何でしょうか。

まずWeb面接/対面にかかわらず、面接は企業が応募者を知るだけでなく、応募者に企業を知ってもらうための相互理解の場ということです。

そのためにも周囲に人がいない場所・通信環境が良い場所でWeb面接を行いましょう。

使用する機器や回線速度のせいで接続が不安定にならないよう事前準備をしましょう。

バーチャル背景は会社のエントランスや社員集合写真など会社の雰囲気がわかるのがいいですね。

面接時に気をつけたいこと

最初に面接官の自己紹介を行います。

面接官が自己開示をすることで相手も心理的に落ち着くでしょう。

オンラインでは相手の本音を引き出しにくいため、冒頭に雑談をするなど少し打ち解けてから開始するのがいいでしょう。

面接ではこちらがパソコン操作に集中していたり、質問をするだけの一方的なコミュニケーションにならないようにしましょう。

聞き取りやすく話し、自社や自分のことも話すことで相互理解が深まるでしょう。

インボイス制度関連記事

  1. 保険代理店や保険外交員とインボイス制度
  2. インボイス業者扱いの消費者・農林漁民
  3. 免税事業者が課税事業者となる訳
  4. 消費税の基本 免税事業者とは?
  5. BtoBでの免税事業者の消費税転嫁は保護されるのか
注目記事 最新記事
  1. 交際費と社内飲食費
  2. 税金がなかったらどんなデメリットがある?税金は所得に関係なくサービスを受けられる唯一の制度
  3. 社会保険の「二以上勤務届」と給与計算
  4. 令和5年度税制改正大綱『納税環境整備編』
  5. 学生も社会保険に加入の義務あり?
  1. デジタルマネー 給与支払い解禁
  2. DX推進とは何をするのか
  3. 令和4年分確定申告 住宅ローン控除初年度にご用心
  4. 令和4年分確定申告書 第1表の主な変更点
  5. 休職時の社会保険料の労使負担は?

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP