税務知識記事一覧

更正の請求と修正申告

更正の請求と修正申告

申告が間違っていた場合

所得税等の確定申告を行い、誤りに気がついた時には、申告期限内であれば訂正申告を行います。

この場合、税務署は後から出した申告書を採用するため、申告書に追加で記載しなければならない事象や別紙を出す等は必要ありません。

申告期限後に訂正をしたい場合は、税額が増える・減るのどちらかで、提出するものが異なってきます。

税が減る時は更正の請求

納付すべき税額が過大、純損失等の金額が過少、もしくは還付される金額が過少であるとき等は「更正の請求」という手続きを行います。

「更正の請求書」を所轄税務署長に提出します。

内容は「どこをどう間違えていたのか」と「正しい所得金額や控除金額」を記載するものとなります。

この更正の請求書は、原則として法定申告期限から5年以内であれば出すことができます。

税が増える時は修正申告

申告した税額等が実際より少なかった場合等は、修正申告書を提出します。

修正申告の場合は、更正の請求書とは異なり、通常の所得税等の確定申告に用いた書類を使用します。

具体的には

  1. 第一表一番上に「修正」申告書と記載する。併せて申告の種類欄にある「修正」欄を〇で囲む
  2. 内容を修正した申告書を作成する
  3. 第一表右側中ほどにある「修正申告」の欄に、修正前の税額と、修正後の修正前との差額を記載する
  4. 第二表の「特例適用条文等」の欄に、修正する事項や理由を記載する

という追記を行います。

修正申告は期限後に税金が増える訂正を行う作業のため、加算税や延滞税等が発生する可能性があり、提出が遅くなればなるほど税額が高くなることもあります。

修正申告が必要な場合は、できるだけ早く対処しましょう。

なんで書類が違うの?

所得税等の税金の増額修正については、納税者自らが行えますが、申告した税額の減額修正については、税務署長にしか権限がありません。

このため、更正の請求書は少し毛色が異なる「お願いのための書類」になっています。

※令和3年分申告書までは、修正申告は第五表という別紙を使っていました。

インボイス制度関連記事

  1. 今年の改正税法 インボイス事業者即時登録
  2. 消費税の基本的な仕組み
  3. 消費税の基本 簡易課税制度とは?
  4. 消費税インボイス制度いよいよ始動
  5. インボイス制度 適格簡易請求書と帳簿のみ特例
注目記事 最新記事
  1. 会社を廃業・清算する場合税金の支払はどうなる?法人税や消費税の支払いが必要!
  2. 勤労学生控除とは何か?学生であれば全員適用できるわけではない!?
  3. お金を友人に貸すと税金がかかるって本当?
  4. 交際費と社内飲食費
  5. 学生も社会保険に加入の義務あり?
  1. 令和6年5月送付分から納付書の送付対象見直し
  2. 事業再構築補助金 ~サプライチェーン強靱化枠~
  3. 事業再構築補助金 ~審査項目~
  4. 第12回公募開始 ~事業再構築補助金~
  5. マイナ保険証への切り替え

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP