税務知識記事一覧

「配偶者手当」の見直し

「配偶者手当」の見直し

年収の壁・支援強化パッケージの役割

厚生労働省が公表した「年収の壁・支援強化パッケージ」は、パート労働者などの短時間労働者が、いわゆる「年収の壁」を意識して、就業調整を行うことへの対応策として取りまとめられましたが、今回の支援強化パッケージは、2年後に予定される年金改革までのつなぎという側面も強く感じられます。

実際、年収の壁の金額変更や、年収の壁そのものをなくす、というような根本的な部分には、一切触れられておらず、法改正の必要がないもののみが挙げられています。

ここでは、パッケージに挙げられた対策のうち、属人的手当、特に配偶者手当の廃止を含んだ見直しについて検討します。

配偶者手当の見直し方法

自社の給与体系において「配偶者手当」がある場合、その見直しをする際の方法には

  1. 配偶者手当の廃止
  2. 配偶者手当の縮小
  3. 配偶者手当の収入要件の見直し

が考えられます。

このうち、今回の支援強化パッケージの趣旨に沿った見直しは、基本的に(1)又は(2)になると思われます。

ただし、(1)又は(2)の方法による見直しは、労働条件の不利益変更に該当する可能性が高く、労働者側からの同意を得ることも簡単ではないでしょう。

そのため、(1)又は(2)の方法を選択する場合には、廃止又は減額した分の給与を基本給に上乗せすることや、別手当を支給するなどの激変緩和措置を設けるなどの対応が必要になるでしょう。

また、(3)の方法では、要件を厳しくする方法と、逆に緩和する方法とが考えられます。

前者については、先ほどの(1)又は(2)と同様、労働条件の不利益変更に該当する可能性が高くなります。

一方、後者の場合には、自社の配偶者手当に関してのみ要件が緩和されても、社会保険の被扶養者要件や、所得税法等における被扶養配偶者の要件が従前のままであれば、やはりこれらの「年収の壁」のために就業調整をすることは避けられないでしょう。

それでも進む配偶者手当の見直し

見てきたように、現存する配偶者手当を見直すことは容易ではありません。

それでも近年、「男性は仕事、女性は家庭」のような旧来型の価値観が変化し、さらに同一労働同一賃金の考え方により、正規社員と非正規社員の均衡待遇が求められる点などから、配偶者手当を始めとした属人的手当を見直す企業が増えています。

インボイス制度関連記事

  1. 免税事業者からの課税仕入れに係る控除対象外消費税額
  2. インボイス制度とは何か?仕入控除は決算にどのような影響がある?
  3. 通勤手当の税と社会保険
  4. 所得税と消費税の負担感
  5. インボイス制度と独禁・下請・建設業法
注目記事 最新記事
  1. 在庫が決算に与える影響とは?粉飾決算は在庫がポイント!
  2. 青色申告と白色申告、どっちで確定申告するのが良い?メリットやデメリットについて徹底解説!
  3. 2割特例の適用に「不適用届出書」提出が必要な場合がある
  4. 副業が事業所得となる基準
  5. 別表六(三十一)の誤記載に注意喚起
  1. 個人事業主が大学生の子どもに払うアルバイト代は小遣い扱い
  2. 令和6年5月送付分から納付書の送付対象見直し
  3. 事業再構築補助金 ~サプライチェーン強靱化枠~
  4. 事業再構築補助金 ~審査項目~
  5. 第12回公募開始 ~事業再構築補助金~

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP