税務知識記事一覧

契約締結と職場規律 就業規則の作用

契約締結と職場規律 就業規則の作用

経営上有効なツールに

就業規則はなぜ必要なのでしょうか?

労働基準法で「10人以上の事業場には作成義務があるから」(労働基準法第89条)というのはその通りなのですがそれだけではありません。

就業規則は正しく使うことにより会社の経営上有効なツールになります。

集団的な契約締結効果としての就業規則

労働契約は、会社と労働者が、一定の労働条件について合意することによって成立します(労働契約法第6条)。

労働契約が成立すると、労働者は「会社の指揮命令に服した労働を提供する義務」を負い、会社は「その提供された労働に対して賃金を支払う義務」を負います。

この場合の会社の指揮命令の中には「どこで、何時から何時まで」というようなことが含まれます。

多くの会社にとってこれらの労働条件は、画一的に決められているものなので、労働者1人1人と契約を締結することなく、自社における労働者と同一の労働条件について、集団的に契約を締結したものとすることができる効力があります(労働契約法第7条)。

職場規律効果としての就業規則

会社経営上、より重要なのはこちらの効果でしょう。

会社という組織には当然いろいろな人が所属しています。

これらの人が自分勝手にバラバラの考えで動いていたら組織は成り立ちません。

そこで組織には集団を規律する(職場規律を守る)ためのルールが必要になります。

この職場のルールブックと言えるのが就業規則のもう1つの効果です。

例えば「遅刻をしたら給料から一定額を控除する(=遅刻をしてはいけません)」というようなことは法律のどこにも書いていません。

就業規則又は個別の労働契約書にこれらの記載がなく、遅刻についての控除を行ったらどうなるか。

労働者から「どこにそんなこと書いているのですか」と問われた時に抗弁ができません。

きちんと就業規則に書いてあれば「就業規則の第○条に書いてあります。入社時に説明しましたよね」と言うことができます。

遅刻は一例ですが、労働者が職場規律を乱す行為をした場合の懲戒処分や、さらに解雇処分を行うためには、就業規則に「どのような行為をした場合には懲戒処分又は解雇処分とする」という記載が必要とされています。

インボイス制度関連記事

  1. 民法上の組合 インボイス対応
  2. 消費税インボイス制度いよいよ始動
  3. 免税事業者からの課税仕入れに係る控除対象外消費税額
  4. 免税駐車場事業者のインボイス対応
  5. 免税事業者が課税事業者となる訳
注目記事 最新記事
  1. 小規模企業共済等掛金控除とは何?どのようなものが対象となる?
  2. 海外在住で日本企業にリモート勤務の所得税と社会保険
  3. 決算で減価償却費を利用した利益調整を行う方法
  4. 税金がなかったらどんなデメリットがある?税金は所得に関係なくサービスを受けられる唯一の制度
  5. 学生も社会保険に加入の義務あり?
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP