税務知識記事一覧

税金よもやま話『なぜ国税庁が酒を管理しているの?』

税金よもやま話『なぜ国税庁が酒を管理しているの?』

酒類業の所管官庁は国税庁

酒税は明治時代には国税の中心であり、一時は国税の税収第1位だったこともありました。

過去の税収の多さや、室町時代から続くとされる税と酒との切っても切れない関係の歴史を背景に、現在も国税庁が所管官庁として酒の製造や販売についての免許を管理しています。

そのためか、「酒税法」で製造や販売の免許についても定められている、ちょっと不思議な状態になっています。

国税庁は「酒税の適正・公平な課税の実現」だけではなく「酒類業の健全な発展」を目標に取組みを行っています。

時には「若者のアルコール離れ」を止めるべくキャンペーンを行って一部メディアに叩かれたりもしていますが、他にも様々な酒類振興を行っています。

「酒のしおり」を見てみよう

国税庁は酒税をはじめ、酒類に関する様々なデータを「酒のしおり」で公表しています。

令和5年6月公表の酒のしおりを見てみると、酒税の課税額は平成6年度の2.1兆円をピークに減少傾向で、令和3年度は約1.1兆円となっています。

少子高齢化・人口減少や消費者の低価格志向、ライフスタイルや嗜好の多様化等により、国内市場は全体として縮小傾向にあるようです。

また、以前は主流だったビールの課税数量が年々減少し、発泡酒やチューハイなどのリキュールに消費が移行しています。

日本産酒類の輸出は好調

国内では消費量が年々下がっていますが、近年日本酒やウイスキー等の日本産酒類の国際的な評価の高まりを背景に、輸出については年々増加傾向にあります。

令和4年の日本産酒類の輸出金額は、1,392億円で、対前年比21.4%増。初めて1,000億円を超えた令和3年に引き続き好調に推移しています。

日本産酒類の輸出金額は増加しているものの、世界の酒類マーケット全体から見れば、いまだにその金額は0.1%程度にとどまっています。

輸出先によっては高い関税や、容器の容量の規制等、国際的な交渉を行わないと課題が解決しないものも多そうです。

インボイス制度関連記事

  1. インボイス制度 適格請求書等のいらない課税取引
  2. インボイスがもたらす転嫁妨害や黙認
  3. 働き方が多様になりましたフリーランスと今後の税務
  4. 民法上の組合 インボイス対応
  5. フリーランスのインボイス対応
注目記事 最新記事
  1. 5年? 7年? 10年? 帳簿・領収書等の保存期間
  2. 制度開始目前のインボイス登録
  3. 決算において減価償却しないことは認められている?
  4. M&Aにおける失敗事例について
  5. 相続税法第58条の改正
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP