税務ノウハウ記事一覧

返済不要の資金を調達する方法がある?おすすめの方法を4つ紹介

返済不要の資金を調達する方法がある?おすすめの方法を4つ紹介

「返済不要の資金調達方法があるって本当?」

このような疑問を抱えている人は少なくありません。

結論から言いますと、返済不要な資金調達方法は存在します。

一般的に「融資」でなければ返済が不要な資金調達となります。

今回は「融資」以外の返済不要な資金調達方法を4つ紹介します。

返済不要の資金調達一覧

返済不要の資金調達は以下のようなものがあります。

  • ファクタリング
  • 出資
  • 補助金や助成金
  • クラウドファンディング

それぞれについて詳しく説明してきます。

ファクタリング

ファクタリングは返済不要の資金調達方法です。

ファクタリングとは、「売掛債権をファクタリング会社が買い取って資金を先払いする」ことを言います。

保有している売掛金が回収になるまでの資金繰りを安定させるために利用される方法ですが、繋ぎ融資を借入するよりも手軽に利用できることがメリットです。

その他にも

  • 売掛先が倒産した場合の未払いリスクの回避
  • 売掛金の売却のため返済がない
  • 資金調達まで時間がかからない(最短即日も可能)
  • 融資ではないため信用情報に影響しない

等のメリットが挙げられます。

銀行融資の場合は借入する際に企業の財務分析が行われますが、ファクタリングは基本的に売掛先が倒産しないかどうかが重要ですので、仮にファクタリングする会社の決算が赤字であっても問題ありません。

ただし、売掛債権の範囲内でしか資金調達が出来ないことや、ローン金利よりも高い手数料が取られる等デメリットもありますので、様々な資金調達を比較検討されることをおすすめします。

出資

個人投資家等からの出資は返済不要の資金調達となります。

起業して間もない会社は銀行融資などが受けられないことが多く、仮に融資を受けられても、希望金額を満額借入出来ないケースも多いです。

そのような時に利用されるのが「出資」です。

出資は「自社株と引き換えに返済義務がない資金の提供を受けること」ですので、その資金を元手に会社の規模を拡大することが出来ます。

出資は比較的資金繰りも安定しますので、有効な資金調達の手段と言えるでしょう。

その他にも

  • 経営のアドバイスがもらえる
  • 人脈が広がる

等のメリットがあります。

個人投資家は自身が経営者であることが多いので、積極的に経営に対するアドバイスを行う場合もあり、企業にとっても大きなメリットとなるでしょう。

助成金や補助金

助成金や補助金も返済不要な資金調達方法です。

助成金は「一定の条件を満たすことで支給される返済義務のない資金」の事であり、補助金は「申請して採択された場合に支給される返済義務のない資金」の事です。

厳密に言えば助成金と補助金には違いがありますが、返済不要の資金調達という点では同じです。

助成金の場合は、受給条件さえ満たしていれば基本的に申請者の全てが受けられることから、効果的な資金調達と言えるでしょう。

令和2年度の持続化給付金(個人100万円、法人200万円)等が助成金ということになります。

かわって、「持続化補助金」や「ものづくり補助金」、「事業再構築補助金」等は補助金になるため、申請書を作成して採択されなければ資金の支給はありません。

しかし、補助金は助成金と比較して支給金額が大きくなることから、大型設備を入れる等目的がある資金調達の場合は利用できる補助金がおすすめです。

まずは利用できたり該当する補助金があるかどうか調べてみることが大切です。

クラウドファンディング

クラウドファンディングも返済不要の資金調達方法です。

クラウドファンディングとはインターネット上から不特定多数の支援者を募り資金調達する仕組みの事です。

クラウドファンディングには

  • 購入型
  • 寄附型
  • 融資型
  • 投資型

の4つの分類がありますが、一般的に利用されるのは、資金を受ける代わりに、クラウドファンディングで紹介した商品やサービスを提供する「購入型」のクラウドファンディングです。

クラウドファンディングには以下のようなメリットがあります。

  • 返済不要
  • 宣伝効果が見込まれる
  • テストマーケティング出来る
  • 信用情報に関係しない

クラウドファンディングはテストマーケティングを兼ねて資金調達したい人には最もメリットを感じられる資金調達方法でしょう。

また銀行融資とは違い信用情報や財務情報によって審査される訳ではないことから、仮に赤字が出て融資が断られた会社であっても利用することが可能です。

まとめ

  • 「ファクタリング」「出資」「補助金」「助成金」「クラウドファンディング」は返済不要な資金調達
  • それぞれのメリットやデメリットを比較検討して利用することが大切

返済不要な資金は資金繰りの面から考えてもおすすめですので、利用できるものがあるのなら積極的に利用すると良いでしょう。

ただし、融資と比較して手数料が高かったり、資金調達まで時間がかかったりとデメリットも一定程度ありますので、一概に融資より優れているとは言えません。

比較検討して自分の目的感に合った資金調達をするようにしましょう。

資金調達もこれで安心!税理士に頼むとこんなメリットがある

PAGE TOP