会計・税制の改正情報

企業会計基準委員会

「第486回企業会計基準委員会の資料」等を公表

令和4年9月7日(水)、企業会計基準委員会ホームページで「第486回企業会計基準委員会の資料」等が公表されました。

第486回企業会計基準委員会の資料


2022年9月6日(火)に開催された「第486回企業会計基準委員会」の議事及び資料は、次のとおりです。

[議事概要(速報)]

[審議事項]

  1. リースに関する会計基準の開発
    • 審議(1)-1 本日の検討事項
    • 審議(1)-2 表示及び注記(貸手)
    • 審議(1)-3 「収益認識に関する会計基準の適用指針」の改正案(ASBJ基準等の改正案)
    • 審議(1)-4 第485回企業会計基準委員会で聞かれた意見
    • 審議(1)-5 第119回リース会計専門委員会で聞かれた意見
  2. 金融資産の減損に関する会計基準の開発
    • 審議(2)-1 本日の審議の概要
    • 審議(2)-2 信用リスクの著しい増大の判定時における担保の考慮
    • 審議(2)-3 信用リスクが増大した場合の利息収益の認識方法
    • 審議(2)-4 第186回金融商品専門委員会で聞かれた意見
  3. 税金費用の計上区分及びグループ法人税制が適用される場合の子会社株式等(子会社株式又は関連会社株式)の売却に係る税効果に関する公開草案に寄せられたコメントへの対応
    • 審議(3)-1 本日の検討事項
    • 審議(3)-2-1-1 税金費用の計上区分に関する公開草案に寄せられた主要なコメントへの対応
    • 審議(3)-2-1-2 税金費用の計上区分に関する聞かれた意見への対応
    • 審議(3)-2-2-1 グループ法人税制が適用される場合の子会社株式等の売却に係る税効果に関する公開草案に寄せられた主要なコメントへの対応
    • 審議(3)-2-2-2 税効果適用指針の改正文案の表現の一部見直し
    • 審議(3)-4 第483回企業会計基準委員会で聞かれた意見

「現在開発中の会計基準に関する今後の計画」の改訂


第3次アジェンダ協議のフィードバック・ステートメントの和訳

(国際会計基準審議会が2022年から2026年の優先事項を示す)

(第3次アジェンダ協議のフィードバック・ステートメント(和訳))

インボイス制度関連記事

  1. 働き方が多様になりましたフリーランスと今後の税務
  2. インボイス制度って何?小規模事業者やフリーランスの人は絶対に知っておかなければならない!
  3. 民法の改正による電子領収書の提供請求権
  4. 小規模事業者持続化補助金の枠の種類が増加しました
  5. インボイス制度 免税事業者の選択と経過措置
注目記事 最新記事
  1. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  2. <号外>自由民主党「令和5年度税制改正大綱」を公表
  3. 副業が事業所得となる基準
  4. 決算をまたぐ工事がある!どうやって決算すればいい?
  5. 全国旅行支援利用の出張旅費精算-法人の会計と個人の課税
  1. デジタルマネー 給与支払い解禁
  2. DX推進とは何をするのか
  3. 令和4年分確定申告 住宅ローン控除初年度にご用心
  4. 令和4年分確定申告書 第1表の主な変更点
  5. 休職時の社会保険料の労使負担は?

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP