会計・税制の改正情報

国税庁

「法人税基本通達等の一部改正について(法令解釈通達)」等を公表

令和6年6月21日(金)・24日(月)、国税庁ホームページで「法人税基本通達等の一部改正について(法令解釈通達)」等が公表されました。

法人税基本通達等の一部改正について(法令解釈通達)(6月24日公表)

令和6年度の法人税関係法令等の改正に対応し、法人税基本通達等につき所要の整備を図ったもの、とのことです。

次の資料が公表されました。

法人税基本通達等の主要改正項目について
第1 法人税基本通達関係


第2 租税特別措置法関係通達(法人税編)関係


第3 耐用年数の適用等に関する取扱通達関係


第4 東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律関係通達(法人税編)関係


同日、電子政府の総合窓口e-Govポータルサイト(結果公示案件)でも「「法人税基本通達等の一部改正について(法令解釈通達)」に対する意見公募について」が公表されました。

別表6(14)を使用するに当たっての注意点(6月21日公表)

令和6年4月1日以後終了事業年度分の法人税等各種別表の一覧表のうち、別表6(14)「調整対象金額が当初申告税額控除可能額を超える場合の法人税額の特別控除に関する明細書」について、「■別表6(14)を使用するに当たっての注意点」のPDFが公表されました。

控除不足額が生ずる場合の作成上の留意点が説明されています。

インボイス制度関連記事

  1. 所得税と消費税の負担感
  2. 令和4年度・税制改正大綱『消費課税編』
  3. 消費税『課税事業者・免税事業者どっちが得』
  4. 制度開始目前のインボイス登録
  5. インボイス制度って何?小規模事業者やフリーランスの人は絶対に知っておかなければならない!
注目記事 最新記事
  1. お金を友人に貸すと税金がかかるって本当?
  2. 中古住宅取得や増改築で贈与税が非課税になる方法
  3. 海外在住で日本企業にリモート勤務の所得税と社会保険
  4. 5年? 7年? 10年? 帳簿・領収書等の保存期間
  5. 小規模企業共済等掛金控除とは何?どのようなものが対象となる?
  1. 「定額」ではないケース 住民税の定額減税
  2. 中小企業での逆求人活動
  3. 賞与の支給日在籍要件
  4. 換地と保留地
    換地と保留地

    2024.07.17

  5. 就労にブランクのある人の活用

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP