会計・税制の改正情報

国税庁

「協力的手法を通じた自発的な適正申告の推進について」を公表

令和6年2月21日(水)、国税庁ホームページで「協力的手法を通じた自発的な適正申告の推進について」が公表されました。

公表された「協力的手法を通じた自発的な適正申告の推進について」は6ページのパンフレットで、その内容(主な見出し)は次のとおりです。

  • 協力的手法とは
  • 税務に関するコーポレートガバナンスの充実に向けた取組
  • 令和4事務年度の実施状況再発防止策の有効事例
  • 申告書の自主点検と税務上の自主監査のための確認表の活用

インボイス制度関連記事

  1. 消費税2割特例が使える場合の簡易課税選択届の先延ばし
  2. インボイス制度 事業者公表サイトでひと騒動
  3. 消費税『課税事業者・免税事業者どっちが得』
  4. インボイス業者扱いの消費者・農林漁民
  5. 所得税と消費税の負担感
注目記事 最新記事
  1. 決算をまたぐ工事がある!どうやって決算すればいい?
  2. 副業が事業所得となる基準
  3. 途中入社の方の住民税の特別徴収への切替手続きは済んでいますか?
  4. 国税の信託型ストックオプションへの見解と税制適格ストックオプションの株価算定ルール
  5. 相続税の納税資金として融資を受けることは出来るのか?
  1. 中小企業の6割は防衛的賃上げ
  2. 中間申告の義務規定と中間申告無申告容認規定
  3. 相続登記は3年以内に!
  4. ダイレクト納付の新しい手続き「自動ダイレクト」4月開始
  5. 就業時間外の顧客対応

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP