税務知識記事一覧

事業再構築補助金 採択される事業計画の特徴と対策

事業再構築補助金 採択される事業計画の特徴と対策

事業再構築補助金とは

新型コロナウイルスの影響で経営が困難に陥っている中小企業の再建を支援するために、政府が創設した補助金です。

この補助金を受け取るには、企業が事業再構築計画を作成し、申請する必要があります。

ここで、事業再構築補助金の採択事例についての特徴をまとめてみます。

デジタル化・オンライン化への投資を

新型コロナウイルスの影響で、企業がデジタル化やオンライン化に力を入れる必要性が高まっています。

そのため、事業再構築補助金を受け取った企業の多くは、自社のビジネスモデルをデジタル化するための投資を行っています。

例えば、オンラインショップの開設やSNSを活用したマーケティング、テレワークやオンライン会議ツールの導入などが挙げられます。

革新的なアイデアや技術を持つ企業が有利

事業再構築補助金は、新しいビジネスモデルを構築し、より競争力のある企業を目指すための支援をすることが目的です。

そのため、革新的なアイデアや技術を持つ企業が採択される傾向があります。

例えば、AIやIoTを活用した製品やサービスを開発する企業、持続可能なエネルギーを利用したビジネスを展開する企業、新しい素材や製造技術を用いた製品を提供する企業などが挙げられます。

従業員を大切にする企業も採択されやすい

事業再構築補助金は、企業の再建だけでなく、雇用の維持や創出にも着目しています。

そのため、従業員を大切にする企業が採択される傾向があります。

例えば、従業員のスキルアップやキャリアアップ支援を行う企業、従業員の健康管理やワークライフバランスに配慮した福利厚生を提供する企業、地域社会との協力関係を重視する企業などが、採択されやすい傾向があります。

ただし、採択基準は常に変化する可能性があります。

企業が申請書類を提出する前に最新の採択基準について確認し、適切な事業再構築計画を策定することが重要です。

インボイス制度関連記事

  1. 期中で適格請求書発行事業者となる免税事業者の経理
  2. 従業員の旅費交通費精算と適格請求書(=インボイス)の保存
  3. 令和4年度・税制改正大綱『消費課税編』
  4. インボイス制度 適格請求書等のいらない課税取引
  5. 今年の改正税法 インボイス事業者即時登録
注目記事 最新記事
  1. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  2. 法人の決算書提出に必要な書類
  3. 中古住宅取得や増改築で贈与税が非課税になる方法
  4. お金を友人に貸すと税金がかかるって本当?
  5. 配偶者控除と配偶者特別控除について徹底解説!
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP