税務知識記事一覧

相続の基本 遺産をどうやって分ける?

相続の基本 遺産をどうやって分ける?

相続の基本的な流れ

相続とは、故人の財産を特定の人に引き継ぐことを言います。

遺言書がある場合は原則遺言書に沿って相続しますが、そうでない場合は民法で定められている「誰がどれだけ相続するか」(法定相続分)に従う「法定相続」を行うか、相続人全員で協議して誰が何を相続するのかを決める「分割協議」を行うことになります。

この際に相続する土地や家屋等の価値も調べることになります。

誰が何を相続するのか決まったら、税がかかる場合は相続税の申告を行います。

遺産の分け方4パターン

遺産の分け方には4つのパターンがあります。1つずつ見てみましょう。

  1. 現物分割

    自宅は長男、預貯金は長女といったように、個々の財産を各相続人へ分配する方法です。手続きが簡単で、遺産をそのままの形に残せるメリットがある一方、個々に分けられる遺産に偏りが生じやすく、不公平感が大きくなりがちです。

  2. 代償分割

    相続人の一部が、法定相続分を超える遺産を取得した場合等に、他の相続人へ法廷相続分の差額を現金等で支払う方法です。不公平感は薄れますが、現物の遺産を取得した人が他の相続人に代償金を払う資金力が必要となります。

  3. 換価分割

    遺産を金銭に換えて分割する方法です。公平な分割はできますが現物が残らず、売却の手間や費用が掛かりますし、譲渡した場合は所得税が掛かってきます。

  4. 共有分割

    相続人全員が土地や家屋等の持分を決めて遺産を共有することで、公平な分割が可能で、かつ遺産をそのままの形で残せます。ただし財産の利用や売却について、相続人全員の合意が必要となる上、保有する相続人が亡くなった場合は、利害関係が複雑になってしまいます。

遺産はケーキのようにはいかない

相続人の経済状況や、遺産となる土地家屋への居住や利用の有無、遺産への思い入れ等、考慮すべきポイントは多々あり、ケーキを綺麗に切り分けるようにはいかないことがほとんどです。

また、相続税申告は通常被相続人が亡くなってから10か月以内です。

時間の短さも留意すべきポイントかもしれません。

インボイス制度関連記事

  1. 小規模事業者持続化補助金の枠の種類が増加しました
  2. 保険代理店や保険外交員とインボイス制度
  3. インボイス制度で事務処理の煩雑さとの比較での旅費規程の見直し
  4. 消費税2割特例が使える場合の簡易課税選択届の先延ばし
  5. 民法の改正による電子領収書の提供請求権
注目記事 最新記事
  1. 社会保険の「年収130万円の壁」注意点や例外
  2. 決算書に間違いがあった!修正することは出来るの?
  3. 2割特例の適用に「不適用届出書」提出が必要な場合がある
  4. 扶養控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  5. 生命保険料控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  1. 「定額」ではないケース 住民税の定額減税
  2. 中小企業での逆求人活動
  3. 賞与の支給日在籍要件
  4. 換地と保留地
    換地と保留地

    2024.07.17

  5. 就労にブランクのある人の活用

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP