税務ノウハウ記事一覧

令和5年度税制改正大綱『消費課税編』

令和5年度税制改正大綱『消費課税編』

小規模事業者の納税額を2割負担に軽減

フリーランスなど免税事業者が、令和5年10月1日から令和8年9月30日までの日の属する各課税期間にインボイス発行事業者となった場合、税額負担を2割に軽減する措置が適用されます。

みなし仕入率が80%の簡易課税制度と同じ計算方法となります。

特例の選択は、申告時に確定申告書に付記することで行えます。

この特例は、課税期間の特例の適用を受ける課税期間及び、令和5年10月1日前から課税事業者を選択している事業者には適用されません。

特例の適用を受けたインボイス発行事業者が、適用を受けた課税期間の翌課税期間中に簡易課税制度選択届出書を提出したときは、その提出した課税期間から簡易課税制度の適用を受けることができます。

インボイス交付の事務負担を軽減

  1. 一定規模の事業者は帳簿のみ保存で可

    基準期間の課税売上高が1億円以下または特定期間における課税売上高が5,000万円以下の事業者は、令和5年10月1日から令和11年9月30日までの課税仕入れが1万円未満の場合、帳簿のみの保存で仕入税額控除ができるようになります。

  2. 1万円未満の値引はインボイス不要に

    売上げに係る対価の返還等が1万円未満の場合(1回の取引の課税仕入れに係る税込金額で判定)、適格返還請求書の交付義務が免除されます。これにより振込手数料相当額が控除されて支払を受ける場合も、返還インボイスの交付は不要となります。

インボイス登録制度見直しと手続き柔軟化

免税事業者がインボイス登録申請書を提出し、課税期間の初日から登録を受けようとする場合、当該課税期間の初日から起算して15日前の日(現行は当該課税期間の初日の前日から1か月前の日)までに登録申請書を提出するよう期限が緩和されました。

また、インボイス発行事業者が登録の取消しを求める届出書を提出し、翌課税期間の初日から登録を取り消そうとする場合は、その翌課税期間の初日から起算して15日前の日(現行はその提出があった課税期間の末日から30日前の日の前日)までに届出書を提出するよう期限が緩和されました。

なお、令和5年10月1日からインボイス登録を受けようとする事業者が登録申請書を令和5年3月末までに提出できなくなった場合、「困難な事情」の記載がなくても、4月以降に登録申請できるようになります。

インボイス制度関連記事

  1. 法人設立期間中の損益 ~帰属先・注意点など~
  2. インボイス制度 事業者公表サイトでひと騒動
  3. インボイスがもたらす転嫁妨害や黙認
  4. 消費税『課税事業者・免税事業者どっちが得』
  5. 消費税の基本 免税事業者とは?
注目記事 最新記事
  1. 交際費と社内飲食費
  2. 扶養控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  3. 副業が事業所得となる基準
  4. 決算において減価償却しないことは認められている?
  5. 学生も社会保険に加入の義務あり?
  1. デジタルマネー 給与支払い解禁
  2. DX推進とは何をするのか
  3. 令和4年分確定申告 住宅ローン控除初年度にご用心
  4. 令和4年分確定申告書 第1表の主な変更点
  5. 休職時の社会保険料の労使負担は?

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP