税務知識記事一覧

意外と使えるハローワーク求人

意外と使えるハローワーク求人

ハローワーク求人のイメージ

多くの中小企業の社長や採用担当者はハローワークでの求人について次のようなイメージを持っているのではないでしょうか。

「ハローワークは無料で求人できるけど良い人材が来ない」

これらのイメージは真実でしょうか?あるいは今のハローワーク求人を良く知らないがための誤解でしょうか?

多額の採用コストの負担

このようなハローワーク求人のイメージから、多額のコストを支払い有料求人媒体を利用している企業も多いでしょうが、内定者の紹介手数料は想定年収の20%~35%程度が相場といわれています。

これだけのコストをかけて自社が求める人材を採用できるのならまだよいのですが、実際にはいろいろと上手くいかない面もあるでしょう。

そこで従来の「ハローワーク求人」のイメージを払拭し、採用コストを実質無料とするためのツール、HWIS(ハローワークインターネットサービス)をご紹介したいと思います。

HWISでできるこれだけのこと

HWISを一言でいえばオンラインの求人票で、次のようなことができます。

【採用したい人材を自社からリクエスト】
これは求職者が公開している情報を企業が検索して欲しい人材の条件に合致した求職者を選び、ハローワークを通じて当該求職者に自社の求人情報を直接提供してもらうサービスです。

【自社の魅力を十分伝えられる情報量】
「事業内容:90文字」「会社の特長:90文字」「職種:28文字」「仕事の内容:360文字」「事業所からのメッセージ:600文字」などを最大限に使い他社との差別化をアピールできます。

さらに画像情報も10件まで登録できるので、文字情報だけでなく写真で自社の雰囲気を伝えることも可能です。

まだまだあるHWISの利用方法

紹介しきれないHWISの特長はまだまだあります。

ご興味をお持ちの社長や採用担当者は一度HWISにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

インボイス制度関連記事

  1. 民法上の組合 インボイス対応
  2. 令和4年度・税制改正大綱『消費課税編』
  3. 働き方が多様になりましたフリーランスと今後の税務
  4. インボイス制度 適格請求書等のいらない課税取引
  5. 小規模事業者持続化補助金の枠の種類が増加しました
注目記事 最新記事
  1. 事業再構築補助金交付決定者必見! 産業雇用安定助成金
  2. 学生も社会保険に加入の義務あり?
  3. 小規模企業共済等掛金控除とは何?どのようなものが対象となる?
  4. 国税の信託型ストックオプションへの見解と税制適格ストックオプションの株価算定ルール
  5. 外国為替相場の著しい変動あり15%ルールとは
  1. 職務限定社員の同意なき配置転換は無効!
  2. 在宅勤務(テレワーク)手当は割増賃金の算定対象?
  3. 居住用財産譲渡の3,000万円控除の要件
  4. 賃上げ促進税制に上乗せプラチナえるぼし
  5. 賃上げ促進税制に上乗せプラチナくるみん

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP