税務知識記事一覧

マイホーム売却時の特例

マイホーム売却時の特例

マイホームには税の特例がもりだくさん

住宅ローンを借り入れて、住宅の新築・取得を行った場合受けられる住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)は、皆さんご存じかと思いますが、マイホームに関連する税制は売却した際にも様々な状況に応じて特例が設けられています。

今回は横断的にどんな特例があるのかを見てみましょう。

マイホームを譲渡して売却益が出た時

  1. 居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例

    マイホーム(居住用財産)を売った時、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除できる。

  2. マイホームを売った時の軽減税率の特例

    所有期間が10年を超えている場合、長期譲渡所得税率は通常15%(+住民税5%)であるのに対して、6,000万円までの部分については10%(+住民税4%)で計算することができる。

  3. 特定の居住用財産の買換えの特例

    特定のマイホームを売って、代わりのマイホームに買い換えた時、一定要件のもとに、譲渡益に対する課税を将来に繰り延べることができる。

1と2は併用が可能ですが、3も含め、売却益が出て特例を利用した場合、住宅ローン控除との併用はできません。

マイホームを譲渡して売却損が出た時

  1. マイホームを買い換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

    マイホーム(旧居宅)を売却して、新たにマイホーム(新居宅)を購入した場合、旧居宅の譲渡損失が出た場合、一定の要件を満たしていれば、譲渡損失をその年の給与所得等、他の所得と損益通算することができる。また、損益通算しても控除しきれない分は、譲渡の年の翌年以後3年内は繰越控除が受けられる。

  2. 特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

    住宅ローンのあるマイホームを住宅ローンの残高より低い価額で売却して譲渡損失が出た場合、一定の要件を満たせば他の所得と損益通算できる。また、譲渡の年の翌年以後3年内は繰越控除が受けられる。

4は買い換えの場合に限られますが、5は新たにマイホームを買わなくても受けられる特例です。

また、売却損が出た時に利用する特例は、住宅ローン控除併用可です。

インボイス制度関連記事

  1. インボイス制度 免税事業者の選択と経過措置
  2. インボイス業者扱いの消費者・農林漁民
  3. 小規模事業者持続化補助金の枠の種類が増加しました
  4. 民法上の組合 インボイス対応
  5. 通勤手当の税と社会保険
注目記事 最新記事
  1. 外国為替相場の著しい変動あり15%ルールとは
  2. 産後パパ育休と育児休業分割取得
  3. 相続税の納税資金として融資を受けることは出来るのか?
  4. 勤労学生控除とは何か?学生であれば全員適用できるわけではない!?
  5. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  1. 職務限定社員の同意なき配置転換は無効!
  2. 在宅勤務(テレワーク)手当は割増賃金の算定対象?
  3. 居住用財産譲渡の3,000万円控除の要件
  4. 賃上げ促進税制に上乗せプラチナえるぼし
  5. 賃上げ促進税制に上乗せプラチナくるみん

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP