税務ノウハウ記事一覧

赤字でも納税の消費税は予納ダイレクト利用で先払いを⁉

赤字でも納税の消費税は予納ダイレクト利用で先払いを⁉

消費税は滞納の多い税目

消費税は滞納の多い税金です。

令和3年8月に国税庁から発表された令和2年度の滞納状況でも、新規発生滞納額が全税目の半分以上を占めていました。

消費税は、商品や役務提供の対価の一部であり、売上時には、本体部分である売上(損益項目)と預かり部分である仮受消費税(負債)を分けて会計計上します。

仕入や経費発生時には、本体部分である仕入・経費(損益項目)と前払い部分である仮払消費税(資産)に分けて計上します。

税金計算では、原則として、仮受消費税と仮払消費税との差額が納付すべき税額として計算されます。

この差額部分の現金的裏付け(=納税資金として確保しておくこと)がなく、受け取った仮受消費税部分も事業資金に投入されてしまっていると納税時に腐心することとなります。

ダイレクト納付を利用した予納のススメ

事業を継続していると、前年度基準から、ある程度今年度の消費税の納付予想額も見えて来るはずです。

この分を事業用資金とは別の口座(=納税準備預金など)に寄せておければ安心です。

しかしながら、実際には手元にあるお金ですから、事業資金がひっ迫するとどうしても手を付けてしまいがちです。

これに対抗するには解約できない外部に預けてしまうしかありません。

そこで活用できそうな制度が、ダイレクト納付を利用した予納です。

これは、毎月の均等額納付も可能ですし、または、収入に応じた任意のタイミングで納付することも可能です。

自社の事業が季節的な売上の増減がある場合には、年間で一番お金の入ってきたタイミングで、中間申告に関係なく、納付できます。

消費税納税で苦慮した経験がある場合には、一度ご検討ください。

ダイレクト納付のメリット

ダイレクト納付は、事前に振替納税される口座を登録しておき、即時もしくは指定日に税金が振替納税される手続です。

電子申告等の後、簡単な操作で納付手続が完了します。

また、税理士が納税者に代わって納付手続を行うことも可能です。

自社でインターネットバンキングの契約がない場合にも使えます。

源泉所得税等の毎月の納付手続など、特に利用回数の多い手続に便利だとされています。

不便なら使うのを止めればよいだけです。継続性は求められていませんのでお試しして損はありません。

インボイス制度関連記事

  1. 消費税『課税事業者・免税事業者どっちが得』
  2. 小規模事業者持続化補助金の枠の種類が増加しました
  3. 今年の改正税法 インボイス事業者即時登録
  4. インボイス業者扱いの消費者・農林漁民
  5. 消費税の基本的な仕組み
注目記事 最新記事
  1. 決算で減価償却費を利用した利益調整を行う方法
  2. 通勤手当を廃止して実費精算にした場合の給与計算
  3. 決算で現金が合わない場合はどのように処理をする?
  4. 副業が事業所得となる基準
  5. 勤労学生控除とは何か?学生であれば全員適用できるわけではない!?
  1. デジタルマネー 給与支払い解禁
  2. DX推進とは何をするのか
  3. 令和4年分確定申告 住宅ローン控除初年度にご用心
  4. 令和4年分確定申告書 第1表の主な変更点
  5. 休職時の社会保険料の労使負担は?

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP