税務知識記事一覧

外国人労働者数が初の200万人超え

外国人労働者数が初の200万人超え

増えている外国人労働者

厚労省は令和5年10月末時点の外国人雇用についての届け出状況のとりまとめを公表しました。

国内で働く外国人は昨年10月末時点で前年と比べ12.4%増えて2,048,675人に上り、平成25年から11年連続で過去最多を更新しました。

外国人労働者の増加率はコロナ禍前の水準まで達しています。

また、比較可能な平成20年以降、200万人を超えるのは初めてです。

国籍別の状況

国籍別ではベトナムが最も多く51万8,364人と全体の25.3%を占めています。

次いで中国397,918人(同19.4%)フィリピン226,846人(同11.1%)の順です。

対前年比で増加率が高かったのはインドネシア121,507人(前年比56.0%増)、ミャンマー71,188人(同49.9%増)、ネパール145,587人(同23.2%)でした。

在留資格別の状況

労働者数が多い資格は、身分に基づく在留資格615,934人(全体の30.1%)、専門的・技術的分野の在留資格595,904人(全体の29.1%)、技能実習412,501人(同20.1%)。

対前年比でみると、増加率が大きい資格は専門的・技術的分野の在留資格が前年比24.2%増、技能実習が同20.2%増、資格外活動が同6.5%増。

外国人を雇用する事業所の状況

外国人を雇用する事業所は318,775所、前年比で19,985所増加、過去最高を更新、増加率6.7% (前年比1.9ポイント増加)です。

事業所数が多いのは1位東京79,707所(全体の25.0%)、2位大阪25,450所(同8.0%)、3位愛知25,225所(同7.9%)。

外国人を雇用する事業所数は「30人未満」規模の事業所が最も多く、事業所数全体の61.9%、外国人労働者数の全体の36.1%となっています。

外国人労働者数の産業別では「製造業」が最も多く、全体の27.0%、外国人を雇用する事業所数は「卸売業、小売業」が最も多く、全体の18.7%となっています。

インボイス制度関連記事

  1. 民法の改正による電子領収書の提供請求権
  2. 消費税の基本 免税事業者とは?
  3. 制度開始目前のインボイス登録
  4. インボイス制度 適格簡易請求書と帳簿のみ特例
  5. キャンセル料と消費税
注目記事 最新記事
  1. 小規模企業共済等掛金控除とは何?どのようなものが対象となる?
  2. 中古住宅取得や増改築で贈与税が非課税になる方法
  3. 会社を廃業・清算する場合税金の支払はどうなる?法人税や消費税の支払いが必要!
  4. 海外在住で日本企業にリモート勤務の所得税と社会保険
  5. 決算をまたぐ工事がある!どうやって決算すればいい?
  1. 個人事業主が大学生の子どもに払うアルバイト代は小遣い扱い
  2. 令和6年5月送付分から納付書の送付対象見直し
  3. 事業再構築補助金 ~サプライチェーン強靱化枠~
  4. 事業再構築補助金 ~審査項目~
  5. 第12回公募開始 ~事業再構築補助金~

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP