税務知識記事一覧

年金繰下げ増額新制度

年金繰下げ増額新制度

年金繰り下げが今より有利に

あまり知られていませんが、2022年4月から年金繰下げの年齢が現在の70歳までから75歳にまで広がります。

高齢でも元気な方や働いている方が増えている時代背景もありますが、政策的に年金の受給開始年齢の延長を望んでいるともいえるでしょう。

年金は原則65歳から受給開始。しかし開始年齢を1か月繰り下げるごとに0.7%増額されます。

現在は70歳まで繰り下げられますが、22年4月から75歳まで選択肢が広がります。

70歳から受け取れば42%、75歳から受け取れば84%の増額です。

受給の仕方

繰下げを事前に決める必要はなく、受給開始の請求をしなければ自動的に繰下げ状態になります。

必要な年齢になったら請求します。

繰下げ後の受け取り方は通常のフル増額ならば、繰下げ月数の増加率で請求時点より受給開始。

一括受給は65歳以降で5年の時効にかからない期間の分を遡り一度に受給。

その後は65歳時点の年金額を受給します。

健康に自信がなくなったときや多額の資金が必要な場合は使いやすいでしょう。

新制度の変更点

それでは新制度の75歳まで選択肢が広がったときはどうなるか、75歳を過ぎて請求すると75歳で請求したとみなします。

例えば77歳で請求したら75歳で請求した10年分84%の増額分は、75歳以降の2年分をまとめて受けその後毎月同額受給します。

大きな変更点は一括受給です。

23年4月からは70歳の誕生日から80歳の誕生日の前々日までの請求なら5年前に請求があったとみなし、5年前の時点の増額率で5年分を一括受給します。

その後は同額を毎月受け取ります。

5年超の期間は毎月の受給額に反映してくるので時効消滅がなくなり有利です。

ただし80歳の誕生日の前日以降の請求は5年の時効がかかります。

繰下げ受給をすることは各人の事情や考え方の選択です。

年金は長生きに備えるものですので「70歳以降は一括受給でも増額される」という変更点は知っておきたいですね。

新制度の適用は22年4月に70歳以下の方で、請求は23年4月以降にすると新制度が適用されます。

インボイス制度関連記事

  1. 消費税の基本 簡易課税制度とは?
  2. 消費税インボイス制度いよいよ始動
  3. コンビニの適格請求書登録番号は店舗ごとに違う可能性大
  4. BtoBでの免税事業者の消費税転嫁は保護されるのか
  5. インボイス制度 免税事業者の選択と経過措置
注目記事 最新記事
  1. 個人の青色承認取消しと期限後申告
  2. 相続税の納税資金として融資を受けることは出来るのか?
  3. 制度開始目前のインボイス登録
  4. 法人の決算書提出に必要な書類
  5. 5年? 7年? 10年? 帳簿・領収書等の保存期間
  1. 個人事業主が大学生の子どもに払うアルバイト代は小遣い扱い
  2. 令和6年5月送付分から納付書の送付対象見直し
  3. 事業再構築補助金 ~サプライチェーン強靱化枠~
  4. 事業再構築補助金 ~審査項目~
  5. 第12回公募開始 ~事業再構築補助金~

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP