税務知識記事一覧

リース取引経理処理はどちらで

リース取引経理処理はどちらで

リース取引は2通りの処理が可能

既にご存じのようにリース取引は、リース料の支払時に「リース料」又は「賃借料」として経費計上する方法と、リース契約時にリース料全額を固定資産に計上し減価償却する方法の2通りが認められております。

本体リース価格120万円消費税12万円リース期間5年でリースを組み、2.5年後(リース期間の半分)に新商品が出たため本体リース価格240万円消費税24万円リース期間5年で、リース残債と合わせて再リースを組んだ場合の経理処理を比較してみます。

支払い時に経費処理の場合

1か月のリース料は2万2千円ですから

リース料2万円 現預金2万2千円
仮払消費税2千円

再リース後はリース料5万5千円ですから

リース料5万円 現預金5万5千円
仮払消費税5千円

比較的簡単な処理で済みます。

固定資産に計上した場合

最初にリースを組んだ時

リース資産120万円
未払リース料132万円 仮払消費税12万円

リース料支払い時

未払いリース料2万2千円 現預金2万2千円
決算時(耐用年数6年)
減価償却費20万円 リース資産20万円

再リースを組んだ時

旧未払リース料66万円
旧リース資産70万円
固定資産除却損10万円 仮払消費税6万円
新リース資産300万円
新未払リース料330万円
仮払消費税30万円

リース契約ではリースを途中でやめた場合は残債は全額支払うこととされているため、考え方としては旧リース資産は残債を値引きし、その分新リース資産に上乗せしたと考えます。

正しく処理すると以下です。

旧未払リース料66万円 値引益60万円
仮払消費税6万円
資産除却損70万円 旧リース資産70万円

益と損は相殺されますので上記の処理となります。

リース期間定額法で償却すれば原則差額は出てきません。

再リース料支払い時

新未払リース料5万5千円 現預金5万5千円
決算時(耐用年数6年)
減価償却費50万円 新リース資産50万円

消費税を一括計上できる分固定資産に計上する方がお得ですが経理処理は面倒です。

インボイス制度関連記事

  1. インボイス制度とは何か?仕入控除は決算にどのような影響がある?
  2. 所得税と消費税の負担感
  3. 消費税2割特例が使える場合の簡易課税選択届の先延ばし
  4. インボイス業者扱いの消費者・農林漁民
  5. 制度開始目前のインボイス登録
注目記事 最新記事
  1. 5年? 7年? 10年? 帳簿・領収書等の保存期間
  2. 2割特例の適用に「不適用届出書」提出が必要な場合がある
  3. 交際費と社内飲食費
  4. 学生も社会保険に加入の義務あり?
  5. 決算をまたぐ工事がある!どうやって決算すればいい?
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP