税務知識記事一覧

人手不足にならない企業のしていること

人手不足にならない企業のしていること

人口減少が止まらない

総務省の統計では2022年12月時点で日本の15歳から64歳人口は前年同月比0.28%、20万8千人も減っています。

これから働く年齢となる15歳未満人口は同9万3千人も減少しています。

総人口の推移をみると2019年以降加速して減少しており2023年5月時点の概算では総人口は前年同月比57万人減となっています。

人手不足にならない企業の方法とは

そのような中で新型コロナの5類移行を受け採用活動が活発化して人手不足感が高くなっています。

このような背景でも人手が不足していない企業もあり、帝国データバンクの調査で「人手が不足していない要因」を調査すると、主に次のような施策を施している企業の姿が見えてきました。

  1. 賃金、賞与の引き上げ(51.7%)
  2. 働きやすい職場環境作り(35.0%)
  3. 定年延長やシニアの再雇用(31.2%)
  4. 福利厚生の充実(26.6%)
  5. 公平で公正な人事制度(22.0%)

上記2の「働きやすい職場環境」とは清潔保持、休憩スペース、社内相談窓口の設置などです。

4、5は労働者自身が成長を感じられたり、安心できる職場にあるという施策です。

他には個人の事情で長時間働けない人材にはそれに応じた働き方を提供する弾力性も求められるでしょう。

人材に心配りが求められる時代

世界的な物価高騰を受け実質賃金が低下する中、賃金や賞与の引き上げに取り組めない企業(取り組む姿勢のない企業)は従業員満足度や安心感が下がり優秀な人材は流出します。

運よく採用できても人を育てることをしないと早期離職につながります。

ただ賃金がすべてではありません。

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり(武田信玄)」という昔の言葉がありますが、会社を支える一番の力は信頼できる人の力です。

会社を信頼してくれる従業員が一人でも多く育つよう企業は自らの進む先を示しつつ率先して変革し、働く環境整備にも配慮が必要でしょう。

インボイス制度関連記事

  1. BtoBでの免税事業者の消費税転嫁は保護されるのか
  2. 消費税『課税事業者・免税事業者どっちが得』
  3. 消費税インボイス制度いよいよ始動
  4. インボイス制度 適格簡易請求書と帳簿のみ特例
  5. 民法上の組合 インボイス対応
注目記事 最新記事
  1. 海外在住で日本企業にリモート勤務の所得税と社会保険
  2. 産後パパ育休と育児休業分割取得
  3. 税金がなかったらどんなデメリットがある?税金は所得に関係なくサービスを受けられる唯一の制度
  4. 決算で現金が合わない場合はどのように処理をする?
  5. M&Aにおける失敗事例について
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP