税務知識記事一覧

エンジェル税制の改正

エンジェル税制の改正

エンジェル税制とは

エンジェル税制とは、スタートアップ企業へ投資を行った個人投資家に対しての税制上の優遇措置です。

所得税の計算上、(対象企業への投資額-2,000円)がその年の給与等の総所得金額から控除(総所得×40%か800万円のいずれか低い方が上限)される優遇措置Aと、対象企業への投資額全額がその年の株式譲渡益から控除される優遇措置Bの選択適用となります。

令和5年3月31日までのエンジェル税制は利益が出た場合「課税の繰延」をするに留まっており、若い企業に投資を行うリスクにチャレンジした見返りが少ないものでした。

繰延から非課税へ一部改正

改正前のエンジェル税制は「課税の繰延」の扱いとなっており、たとえば他の株式譲渡益が5,000万円ある年にエンジェル税制対象企業に5,000万円の投資を行って優遇措置Bを選択、売却時には1億円となったとして見てみると、

【投資時】

他株式譲渡益5,000万円-エンジェル税制適用5,000万円=課税所得0円

【売却時】

エンジェル適用株式譲渡益1億円-取得費0円(課税の繰延)=課税所得1億円

といった具合に、売却時には先に控除を受けていた結果、取得価格は0円として考えなければなりませんでした。

令和5年度税制改正によって、設立5年未満の株式会社で各事業年度の営業損益金額が0未満等の条件を満たすプレシード・シード期のスタートアップ企業に投資する場合や自己資金による起業時に限られますが、20億円までの出資であれば優遇措置Bは繰延ではなく非課税となりました。先ほどの例示で見てみると、

【投資時】

他株式譲渡益5,000万円-エンジェル税制適用5,000万円=課税所得0円

【売却時】

エンジェル適用株式譲渡益1億円-取得費5,000万円=課税所得5,000万円

といった具合です。

ちなみに売却時点で損失が出た場合は、改正前・後のいずれも、他の株式譲渡益と通算や、損失の繰越はできますが、投資年に優遇措置を受けていた分については控除対象になりません。

インボイス制度関連記事

  1. インボイス制度 事業者公表サイトでひと騒動
  2. 消費税の基本 簡易課税制度とは?
  3. 遡及適用OK 新設法人等のインボイス
  4. 令和4年度・税制改正大綱『消費課税編』
  5. 法人設立期間中の損益 ~帰属先・注意点など~
注目記事 最新記事
  1. 在庫が決算に与える影響とは?粉飾決算は在庫がポイント!
  2. 別表六(三十一)の誤記載に注意喚起
  3. 小規模企業共済等掛金控除とは何?どのようなものが対象となる?
  4. 税金がなかったらどんなデメリットがある?税金は所得に関係なくサービスを受けられる唯一の制度
  5. 外国税額控除の控除限度額と繰越控除
  1. 引抜行為と会社の責任
  2. 高年齢者 年齢別の社会保険手続き
  3. 労働基準監督署の調査で是正勧告される場合とは
  4. 労働者に就労請求権はあるか
  5. 中小企業支援 新たな資金繰り支援施策

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP