会計・税制の改正情報

経済産業省

「「最低税率課税制度及び外国子会社合算税制のあり方に関する研究会」を設置」を公表

令和4年6月17日(金)、経済産業省ホームページで「「最低税率課税制度及び外国子会社合算税制のあり方に関する研究会」を設置します」が公表されました。

経済産業省は、経済のデジタル化を踏まえ、2021年10月に国際合意された最低税率課税制度(ピラー2)の円滑な導入、既存の外国子会社合算税制との関係整理及び簡素化のあり方を検討するため、研究会を設置し、第1回を6月17日(金曜日)に開催します。

経済産業省は、経済のデジタル化を踏まえ、2021年10月に国際合意された最低税率課税制度(ピラー2)の円滑な導入、既存の外国子会社合算税制との関係整理及び簡素化のあり方を検討するため、研究会を設置し、第1回を6月17日(金曜日)に開催します、とのことです。

次の内容が案内されています。(主な見出しのみ抜粋)

  1. 設置趣旨
  2. 本研究会で検討を予定している事項例
  3. スケジュール等
    • 関連資料(委員名簿)


PAGE TOP