会計・税制の改正情報

経済産業省

「企業情報開示のあり方に関する懇談会 課題と今後の方向性(中間報告)」を公表

令和6年6月25日(火)、経済産業省ホームページで「「企業情報開示のあり方に関する懇談会 課題と今後の方向性(中間報告)」を取りまとめました」が公表されました。

「企業情報開示のあり方に関する懇談会 課題と今後の方向性(中間報告)」を取りま...
経済産業省は、2024年4月に設立した「企業情報開示のあり方に関する懇談会」 の検討結果を、中間報告として取りまとめました。

公表された「企業情報開示のあり方に関する懇談会 課題と今後の方向性(中間報告)」は、20ページの資料で、その内容(主な目次)は、次のとおりです。

  1. はじめに
  2. 日本企業の情報開示に関する課題等
    1. 企業価値向上に資する情報開示の内容・質に関する課題
      • 有価証券報告書
      • コーポレート・ガバナンス報告書
      • 統合報告書
    2. 企業情報開示の体系に関する課題
      • 開示書類間の記載内容の重複について
      • 有価証券報告書と統合報告書の使い分けの実態と課題について
      • 各報告書の一本化について
  3. 新たな情報開示のあり方に関するアイデア等
    1. グランドデザイン
    2. イメージ案1:法定開示と任意開示の役割分担
    3. イメージ案2:二層構造の開示体系
    4. イメージ案1・2に共通するポイント
      • 事業報告等、有価証券報告書とコーポレート・ガバナンス報告書の一体開示
      • 定時株主総会前の一体書類の開示
      • 英文による情報開示
      • XBRL化
    5. 将来の企業情報開示に関する議論
      • 目指すべき開示体系
      • イメージ案2の課題
      • 新たな開示体系への移行(企業規模等に応じた情報開示)
      • その他の論点
  4. おわりに

インボイス制度関連記事

  1. インボイス制度と独禁・下請・建設業法
  2. 働き方が多様になりましたフリーランスと今後の税務
  3. インボイス制度 基本的な緩和措置等のまとめ
  4. フリーランスのインボイス対応
  5. BtoBでの免税事業者の消費税転嫁は保護されるのか
注目記事 最新記事
  1. 産後パパ育休と育児休業分割取得
  2. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  3. 定額減税が開始されます
  4. 税金がなかったらどんなデメリットがある?税金は所得に関係なくサービスを受けられる唯一の制度
  5. 決算をまたぐ工事がある!どうやって決算すればいい?
  1. 送電線のある土地の評価
  2. 高年齢雇用継続基本給付金の給付率下げ
  3. 育児休業給付金延長申請厳格化
  4. 定額減税で103万円の壁?
  5. 特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP