会計・税制の改正情報

日本公認会計士協会

「「専門業務実務指針4465「自己資本比率及びレバレッジ比率の算定に対する合意された手続業務に関する実務指針」の改正について」(公開草案)の公表について」を公表

令和4年2月7日(月)、日本公認会計士協会ホームページで「「専門業務実務指針4465「自己資本比率及びレバレッジ比率の算定に対する合意された手続業務に関する実務指針」の改正について」(公開草案)の公表について」が公表されました。

日本公認会計士協会の「専門情報」ページです。会計・監査等に関する情報を掲載しています。
おすすめ記事 最新記事
  1. 決算をまたぐ工事がある!どうやって決算すればいい?
  2. 知らないで、年金の請求漏れ
  3. コロナで税務調査の件数が減った?2021年の税務調査事情について解説
  4. 決算で現金が合わない場合はどのように処理をする?
  5. インボイス制度って何?小規模事業者やフリーランスの人は絶対に知っておかなければならない!
  1. 領収書と印紙税
  2. タンス預金はバレる?相続税申告でタンス預金を隠し通すことは出来るのか?
  3. 企業がSDGsに取り組む理由
  4. 決算における純資産について徹底解説!
  5. 営業権(のれん)の価値

税務知識ブログカテゴリー

スポンサーリンク

PAGE TOP