会計・税制の改正情報

地方税共同機構

「PCdesk(DL版)における法人都道府県民税、法人市町村民税等 の「補正後の従業者数」について」を公表

令和4年2月2日(水)、地方税ポータルシステム(eLTAX)で「PCdesk(DL版)における法人都道府県民税、法人市町村民税等の「補正後の従業者数」について」が公表されました。

PCdesk(DL版)を使用して自動計算している「補正後の従業者数」の項目について、計算に使用する「標準税率」が最新となっていないため、該当する場合は強制編集モードでの修正をしていただくよう案内されています。

上記障害の対象となるのは、「法人都道府県民税・事業税・特別法人事業税又は地方法人特別税」及び「法人市町村民税」の中間申告、確定申告をする法人のうち、「第7号の2様式別表2」又は「第20号の4様式別表2」様式を添付する、外国の法律で課税される法人とのことです。

おすすめ記事 最新記事
  1. <令和4年最新版>M&Aを行う際に利用できる補助金はある?
  2. 令和4年度の雇用保険料率2段階引き上げ
  3. インボイス制度って何?小規模事業者やフリーランスの人は絶対に知っておかなければならない!
  4. 決算をまたぐ工事がある!どうやって決算すればいい?
  5. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  1. 領収書と印紙税
  2. タンス預金はバレる?相続税申告でタンス預金を隠し通すことは出来るのか?
  3. 企業がSDGsに取り組む理由
  4. 決算における純資産について徹底解説!
  5. 営業権(のれん)の価値

税務知識ブログカテゴリー

スポンサーリンク

PAGE TOP