会計・税制の改正情報

国税庁

「年末調整控除申告書作成用ソフトウェアの更新」を公表

令和3年12月13日(月)、国税庁ホームページで「年末調整控除申告書作成用ソフトウェアの更新」が公表されました。

次のソフト及び資料が更新されました。

  • 年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(Ver.2.0.6)Windows版
  • 年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(Ver.2.0.6)Macintosh版
  • 操作マニュアル_インストール手順(インストールできない方用)
  • バージョンアップ履歴

    次の改修内容が案内されています。

    1. 令和2年分アプリで証明書読込より作成した介護医療保険料と個人年金保険料の保険料控除申告書データを令和3年分アプリにインポートした際、加工有無が「証明書:読込・無」に変更されない不具合を修正いたしました。
    2. 保険料控除申告書の作成にて、保険料控除証明書データをインポートした後に「団体契約である」をチェックした場合、証明書を添付する対象となる不具合を修正いたしました。
    3. 扶養控除等(異動)申告書の作成にて、扶養親族の入力において「同居特定障害者」を入力し、「電子データで出力」からPDF出力した際、同居特定障害者が「一般の障害者」として出力される不具合を修正いたしました。
おすすめ記事 最新記事
  1. <令和4年最新版>M&Aを行う際に利用できる補助金はある?
  2. 中古住宅取得や増改築で贈与税が非課税になる方法
  3. インボイス制度って何?小規模事業者やフリーランスの人は絶対に知っておかなければならない!
  4. 法人の決算書提出に必要な書類
  5. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  1. 領収書と印紙税
  2. タンス預金はバレる?相続税申告でタンス預金を隠し通すことは出来るのか?
  3. 企業がSDGsに取り組む理由
  4. 決算における純資産について徹底解説!
  5. 営業権(のれん)の価値

税務知識ブログカテゴリー

スポンサーリンク

PAGE TOP