会計・税制の改正情報

国税庁

「年末調整控除申告書作成用ソフトウェアの更新」を公表

令和3年11月12日(金)、国税庁ホームページで「年末調整控除申告書作成用ソフトウェアの更新」が公表されました。

次のソフト及び資料が更新されました。

  • 年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(Ver.2.0.5)

    Windows版

  • 年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(Ver.2.0.5)

    Macintosh版

  • 操作マニュアル_インストール手順(インストールできない方用)
  • バージョンアップ履歴

    次の改修内容が案内されています。

    1. 保険料控除証明書データをインポートした後に、「保険期間または年金支払期間」を修正できるよう機能改善いたしました。
    2. 「平成31年~令和2年」における住宅借入金等特別控除申告書の作成にて、取得した住居等の種類を「認定低炭素住宅」と選択した際、適用種別が「認」と出力されない不具合を修正いたしました。
おすすめ記事 最新記事
  1. 知らないで、年金の請求漏れ
  2. 中古住宅取得や増改築で贈与税が非課税になる方法
  3. 決算をまたぐ工事がある!どうやって決算すればいい?
  4. 税務調査における追徴課税の平均額はいくら?こんなケースには注意する!
  5. インボイス制度って何?小規模事業者やフリーランスの人は絶対に知っておかなければならない!
  1. 領収書と印紙税
  2. タンス預金はバレる?相続税申告でタンス預金を隠し通すことは出来るのか?
  3. 企業がSDGsに取り組む理由
  4. 決算における純資産について徹底解説!
  5. 営業権(のれん)の価値

税務知識ブログカテゴリー

スポンサーリンク

PAGE TOP