税務ノウハウ記事一覧

リモートワークで気を付けたいリモハラとは

リモートワークで気を付けたいリモハラとは

リモートハラスメントとは

新型コロナウィルス禍で定着してきたリモートワーク。

仕事のやり取りがチャットやメール、Zoom等のビデオ会議になり相手への伝わり方が、対面より厳しくなったり冷たくなったりと感じる傾向があります。

リモートワークが進むにつれ、「リモートハラスメント」(リモハラ)が社会問題になりつつあります。

リモハラとはリモートワーク中に起こるハラスメントを指し、業務中に起きるパワハラとセクハラのいずれかに当てはまる発言等をいいます。

例えば上司からオンライン会議に映った部屋の中のこと、服装や化粧のこと(程度の問題はあるが)、子供の声のこと等プライベートに関わる質問等、また、常に仕事をしているかの連絡や確認、やたらWeb会議をしたがる等があり、全てが法的なハラスメントに該当するわけではありませんが、リモートワークに付随する上司の過剰な干渉がリモハラと感じさせているようです。

リモート業務に上司も悩んでいる

リモート業務にストレスを感じているのは部下ばかりではなく、アンケートでは5割の管理職がリモート下で部下とのコミュニケーションで悩んでいるそうです。

部下との距離感や指示出しのタイミング等、対面では気を使わなくてもよい場面でも悩んでいます。

会社から部下とのコミュニケ―ション強化を言われても、ハラスメントと言われるのが怖く指示を出しにくいということがあります。

上司にとってはリモートに伴う業務管理の不安やITツールに不慣れな人もいる中でストレスを引き起こしています。

若手達からWeb会議から締め出しをされたケースも耳にします。

録画機能があるツールの場合、事前に周知して言葉に気を付ける等注意する必要もあります。

生産性とハラスメント対策の両立

リモートワークの急速な導入は便利でもありますがストレスを感じる面も多くあります。

そのことがハラスメントにつながる場合があると言えます。

同じ行動・対応でも世代間ギャップがあることを認識しておき、上司の許可や報告が必要な事項はリモートワークルールで取り決めましょう。

ルールは監視強化等厳しくしすぎないこと、プライベートには立ち入りすぎないこと、不満の声には耳を傾ける等、ストレスを減らしコミュニケーションを円滑に進める環境を目指すのがいいでしょう。

インボイス制度関連記事

  1. 遡及適用OK 新設法人等のインボイス
  2. 自分は課税事業者? 免税事業者?
  3. インボイス業者扱いの消費者・農林漁民
  4. インボイス発行権限への恐怖
  5. 法人設立期間中の損益 ~帰属先・注意点など~
注目記事 最新記事
  1. 学生も社会保険に加入の義務あり?
  2. 令和5年度税制改正大綱『納税環境整備編』
  3. 通勤手当を廃止して実費精算にした場合の給与計算
  4. 勤労学生控除とは何か?学生であれば全員適用できるわけではない!?
  5. 令和5年度税制改正大綱『法人課税編』
  1. 全国旅行支援利用の出張旅費精算-法人の会計と個人の課税
  2. 百貨店友の会積立金の所得課税と課税のタイミング
  3. マイナンバーカード健康保険証に寄せられた質問
  4. 令和5年度税制改正大綱『納税環境整備編』
  5. 令和5年度税制改正大綱『国際課税編』

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP